ハイビーム 今朝の新聞によりますと夜間ハイビーム実践54

ハイビーム 今朝の新聞によりますと夜間ハイビーム実践54。警察機関が必死に言うのは、歩行者の事故被害が近年多発しているからでしょう。今朝の新聞によりますと、「夜間ハイビーム実践54%のみ」とあります
対向車がいない状況ならハイビームにしますね
都市部において対向車がない状況はめったにありません なのに???なにがなんでもハイビーム ハイビーム と警察は宣伝します
もちろんハイビームのほうが遠方の歩行者や自転車を認識しやすいのは
誰でも分かります、でもハイビームにしっぱなしにしたら対向車に
喧嘩売ってる状況ですよね [Q]夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本。法令によるロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」。ハイビームは「走行
用前照灯」です。道路交通法第条第項では。夜間に他車両と行き違うとき
や前走車の直後を走る場合には。ヘッドライトの消灯あるいは減光する等灯火を
操作しなければならないと定めこちらは走行中に対向車や前走車を検知すると
。瞬時にハイビームの照射範囲のうち当該車両のエリアのみを部分的に遮光し
ます。

ハイビーム。夜間。対向車などがない際に車のヘッドライトを上向きにするハイビームの使用
率が県内で月。?2%に上り。夜間ハイビーム「知っている」%。
実践は% 「他人に迷惑」との意識も 栃木県警。理解拡大へ努力まぶしいハイビーム。同庁によると。同年に夜間にハイビーム以外で走行し。発見の遅れが原因で起き
た歩行者の死亡事故は全国で225件あった。同庁は。うち半数以上の126件
がハイビームで衝突を回避できた可能性が高いと分析している。ハイビームの上手な活用で夜間の歩行者事故防止。「自動車対歩行者」による死亡事故夜間?自動車直進中において一定の条件
下で発生したものを調査分析した結果。ハイビームを活用していれば。衝突回避
できた可能性が高いものが一定数あることが判明し。ハイビームの活用は事故
防止に

歩行者が消えた。夜間に車を運転中。対向車とヘッドライトが重なり。横断者が一時的に
ドライバーから見えなくなる「蒸発現象」をログイン 新規登録 電子新聞
実際に学生が運転席に座り。ハイビームとロービーム。黒や白といった歩行者の
服の色による見え方の違いを検証した。同署交通課の稲村寿永警部補54
は「蒸発現象が原因と思われる事故は多い。各教科の関連記事読む 緑が丘
中学校千葉市 NIE報告千葉県内実践校の取り組み15 /

警察機関が必死に言うのは、歩行者の事故被害が近年多発しているからでしょう。高齢者が増えている事も要因の一つと考えられます。他には、道路上で平気で立ち話する人が増えている事も考えられます。少しだけ移動すれば安全な場所があるのに道路上のしかも路側帯等の白線より、中央寄りに立って話す人達を近年よく目にします。自転車に乗ったままの方も含みます。それと近年LEDの懐中電灯が普及してか、反射たすきを付けず、懐中電灯だけを所持して夜間散歩する人が随分増えています。反射たすきに比べると、ほとんど意味がありません。気づいた時には轢いていたなんてありえるかも。遠方からだと、街灯や門柱の灯りと区別つきませんから。都市部の道路はほとんどが道路照明がして有り明かるくなって居ます。従ってハイビームにする必要はありません。田舎の一本道で道路照明もしていない処ならハイビームにすべきですが。まして都市部は対向車も多く走ってきます。その対抗車が走って居るのにハイビームはあり得ません。対抗車が走って来るのにロービームにし無いと「減光義務違反」に問われます。そもそも、ハイビームとロービームの存在、使い方を知らない運転手が多いんだよね。ひたすらハイビームで走るバカ女の運転手。違反になることも当然知らない。「なにがなんでもハイビーム!ハイビーム!と警察は宣伝します。」勝手な思い込みですね。自分の思い込みで、いい加減なことを広めるのはやめましょう。以下、警察庁のサイトより引用しています。????ハイビームは他の車両等を眩惑させるおそれがありますので、対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか下向きロービームに切り替えてください。交通量の多い市街地の道路などを通行するときは、前照灯を下向きロービームに切り替えましょう。—–ハイビームにする理由は歩行者のみにあらず自転車も忘れないように無灯火逆走スマホながらの自転車もいますあくまでも警察も対向車が居ない状況での推奨ですデフォルトをロービームから、ハイビームに頭を切り替えてくださいってことです。対向車の少ない曲がりくねった路地や田舎道でもずっとロービームで走るのが普通だと思っている人が多いからです。何が何でもじゃないです。「なにがなんでもハイビーム!ハイビーム!」などと警察は宣伝していません。そんなデタラメを言って警察に喧嘩売っても無駄です。当たり前だ。高速道路だったら石が飛んでくるぞ。一般ドライバーは無知だから高速でハイビームにするバカがいるが、トラックは運転席が高いから遮光板の上から対向車のライトが見えるのだ。そもそもハイビームを推奨してるのは対応車などいない場合です。根本を理解していません。「なにがなんでもハイビーム!ハイビーム!と警察は宣伝します」そもそもの認識に誤解があります。「ハイビーム推奨」と聞いたときに「対向車がいようが先行車がいようがハイビームにしろと警察は言う。そんなのは迷惑だ!」と荒くれますが、だれもそんなことは言っていません。言われたわけでもないのに勝手に誤解してキレるのは知性ある人の反応ではないです。「対向車や先行車がいないときにはこまめにハイビームにしましょう」と言っているということは、義務教育修了程度のごく基本的な知性があれば誰でも理解出来ることです。都内に住み、真夜中や早朝といった時間に運転しない限り、事実上「対向車や先行車がない」というようなシーンはありません。そういうところでまで「なにがなんでもハイビーム」と言っているわけではありません。>でもハイビームにしっぱなしにしたら対向車に喧嘩売ってる状況ですよね?答え 警察の言っていることは、でたらめなことが多々あります。 その通りにしていて、事故を起こしたら、ドライバーの責任です。 警察は責任をとってくれません。 常識的な運転でよいのです。 困った警察ですね。私は切り返しを小まめにしてますそれがマナーでしょパトカーが来たら、ハイビーム攻撃しましょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です