Untitled 教師の体罰指導する運動部や担任するクラ

Untitled 教師の体罰指導する運動部や担任するクラ。昔も今も、体罰は法律で禁じられ、しかし横行しています。教師の体罰 「 指導する運動部や担任するクラスの男子生徒7人に体罰などを繰り返したとして、神戸市教育委員会は12日、同市西区の市立中学校に勤める男性教諭(37)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した 男性教諭は現在休職しているという

市教委によると、男性教諭は2017年4月から1年間、部活動中にふざけたり、授業中に私語をしたりした生徒計7人を注意した際、頭をたたくなどした 部員2人は一時不登校になった 男性教諭は「保護者の了承があり、けがをさせない程度なら許されると考えた」と説明した 過去に保護者からの体罰の指摘を受けて校長が確認した際は否定していたという

このほか今年6月に同区の別の市立中学校で、中学総体の壮行会に部活動の帽子を忘れた男子生徒のほおを平手でたたくなどしたとして、顧問の男性教諭(39)を停職1カ月とした

※教師の体罰が横行しています どうすれば良いですか Untitled。教師の体罰が学校教育法第一一条但書で禁じられていることは周知のとおりで
ある。にもかかわらず。学校しかし。本来。 教師の指導上の失敗をも意味
する生徒の「能力上の失敗」や。連帯責任。みせしめのほか「人違い」や理由
なくやら

コンパス。顧問教師による男子生徒への体罰は頻繁に行われていたと見られ。自殺の前日。
男子生徒は。発殴られたことまた。文部科学省は。年に「学校教育
法第条に規定する児童生徒の懲戒?体罰に関する考え方」を発表し肉体に
対して負荷を与えることのみを指すのであれば。運動部等での練習。教育的指導
と体罰の境目は不明確になります。が行われており。短大卒で事務員として
雇用した20歳の女性が無資格でクラス担任するという事態があった。

昔も今も、体罰は法律で禁じられ、しかし横行しています。市教委が懲戒処分にして、マスコミ発表したって事は、実態は報道以上のエグイ内容があったって事でしょう。気に入らない生徒を殴ったって事実を美しく改竄、仕方なく発表したって事でしょう。そんな委員会の体罰極甘体質も、大昔から今まで変わりはありません。勅令や法律、文部省や文科省が、体罰は絶対に許されない事と繰り返してるのも、それこそ明治時代から変わりありません。その一方「けがをさせない程度なら許される」などといった教諭の意見も、昔も今も変わりありません。市教委は多くの教諭、市教委に来てれば指導主事、学校で教頭やら校長やらに相当する方々なら係長や課長といった教育職員によって構成されています。つまり本音は体罰賛成。しかし国への手前、「体罰反対」と一応、言って見せているだけです。ですから、よっぽどの体罰をしても隠蔽は当たり前。仕方なく発表に追い込まれても、極めて軽い処分でお茶を濁す。そして体罰先生。体罰をした結果、昇進が早まります。良かったですね。で、質問者様は、体罰には賛成ですか?反対ですか?もし、賛成であるのなら、このまま放置しておかれたらいかがでしょう。50年前も、30年前も、10年前も、今も、体罰の状況は変わっていません。これからも、建前体罰禁止、本音は体罰礼賛で、公立中学校は運営されることでしょう。多くの地域住民や父兄、学校関係者や何より教育者達は、こうした変わらぬ運営を望んでいると思います。少なくない教育者が、せいせい立場の弱い子供を殴りたくて教員になったのです。今のまま、これからも変わらず横行させたらいかがでしょうか。もし、反対であるのなら、それは極めて困難です。上述した様に教育者にとって、子どもを殴るのは、教育者にとって聖なる権利にして義務。親が子どもを殴るのは躾ではなく虐待、教員が子どもを殴るのは体罰ではなく愛の鞭。教育長といったベテラン教育者ほど、そう確信しています。そして、こうした信念を支持する保護者や地域住民が少なくない割合で存在し続けています。そうした人達は、自分の子どもが殺されない限り、あるいは自分の子どもが殺されても、そうした教員による暴力を支持し続けます。しかも、この人達は暴力に訴えても自分の考えは押し通そうとしますが、人の考えには決して耳が傾けられません。理解できないのです。仮に教師の体罰をなくそうとするのなら、一罰百戒、教育者達に対する容赦ない厳罰以外ありえません。質問者様が挙げてくださった市教委による発表は、行政の隠蔽に対するマスコミの容赦無い攻撃があったからこそ、市教委は致し方なく発表はした、というのが実情です。次いで体罰そのものを無くしていくためには、体罰を行った教師、それを良しとしてきた学校、教育委員会に厳罰を下す様にしていく以外ありません。具体的には、体罰教師は例外なく懲戒免職、学校は速やかに刑事訴訟法239条2項により刑事告発をする事。していなければ、これをもって教頭や校長を懲戒処分。これらの処分を決めた後、教育委員会の所管部署の職員の管理責任を明らかにして処分。この程度が、学校以外における預かった子供を故意に殴った場合の常識的責任の取り方です。もちろん民事上の賠償責任は、こうした責任と別にとってもらいます。例えば殴られた児童生徒とその保護者に対しては、一義的にはその自治体が賠償をします。しかし自治体が払うだけでは、結局、自治体住民の税金によって賠償が賄われることになってしまいます。ですから、支払った賠償額の全額について、殴った教員や教頭、校長等の関連職員に自治体は必ず求償すべきなのです。こうした、学校以外の世界における当たり前の責任追及が行われれば、私は学校教育における体罰は無くなっていくものであると考えます。しかし前に書いたように、現実的にこれはほぼ困難です。全国の教育委員会、学校等の教育者達が体罰が悪い事だと本音では思っていないのです。それで児童生徒が殺されて遺族が責任追及を望んでも教育者達は平気で心無い言葉をかけ、裁判外での妨害工作などをします。そこに良心の呵責などありません。さんざん傷つけられ遺族がやっと勝訴判決を勝ち取っても、全国の教育者達は捨て台詞しか言いません。また、住民の税金で賠償を払うだけで、自治体内部で国家賠償法1条2項により個人に求償を求めるなど、教育委員会が絶対に認めません。教育者達は全力で反対します。それで、実際に求償が認められた、というより、求償を求めたケースが、数えるほどしかありません。これらを踏まえた上で、私が思うのは、こうした現実をそのまま受け止める以外ない、と思うのです。結局、賛成派と変わらないですね。個人的に体罰に賛成か、反対か、と言えば、私は体罰に反対です。ここまでの書きぶりを見ていただければ、お分かりのとおり、体罰教師は嫌いですし、反吐が出ます。教育者面した戯言を聞くと内心、彼らを殴りたくなる衝動がわきます。彼らは衝動にしたがって殴るのでしょうが、私は教育者と違って常識人でありたいと思っていますので、表情に出さない様に気を使いながら教育者の有難いお話を拝聴したりします。そして教育者達とその支持者達の法律や制度を踏みにじり、殴り対欲求を貫徹させる情熱と長年にわたって構築され維持され続けてきた暴力装置としての学校制度に思いをはせると、正しい主張をすることが、あまりに無力に感じられてならないのです。実際、学校を敵に回して戦って幸せになるのは、ほとんど不可能な様に思います。結局、明治から令和に至るまで、日本の学校教育における体罰に変化は無く、変化はさせられない、という事と考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です