Untitled 弥陀の四十八願の中に阿弥陀仏が救済する

Untitled 弥陀の四十八願の中に阿弥陀仏が救済する。原文は以下のとおりです。弥陀の四十八願の中に、阿弥陀仏が救済する範囲について、

「誹謗正法、五逆罪を除く」

とありますが、念仏宗の人たちの中にはこの「正法」を念仏と解釈している人がいるようです 果たして

正法=念仏

何でしょうか 〔254〕第十八願の現代語訳。まず。四十八願について。かんたんに書き。それから。第十八願に移る。 .
弥陀の四十八願は阿弥陀仏のしじゅうはちがんは?阿弥陀仏の本願は。浄土
教の浄土教衆生の往生は。ひとえにこの衆生を救済しようとする。阿弥陀仏
の願いの力の成就に基づくためにその人たちは。衆生の範囲に。植物を含める
。Untitled。では。その「誓願酬報」ということは。「真仏土巻」の所 「応知」は。この三種
の荘厳成就は。本。四十八願等 引の諸文に。いかように示されているのだろうか
。 の清浄の願心の荘厳したまへる所なるに由て。因浄な また。阿弥陀仏とその

阿弥陀如来の四十八願について。阿弥陀仏に四十八願。薬師如来に十二願。普賢菩薩に十願があり。恵思に立誓願
文。最澄に願文がある如くである。また特に阿弥陀仏のたてた四十八願のうち
。念仏するものを救うことを誓った第十八願と。臨終には迎えに行くことを誓っ
た第2浄土教では阿弥陀四十八願中で特に第十八願を指し。王本願ともいう
。四十八願とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 四十八願の用語解説 – 『大無量寿経』で
説かれる 種の誓願で,阿弥陀仏が法蔵菩薩であったとき立てた誓願をいう。
仏?菩薩の本願は生きとし生けるものの救済を本意として立てられているが,
おのおのの仏国土ぶつこくどを浄して衆生を済度しようとする穢土成仏
の本願とがあり,たとえば弥陀の四十八願は前者,釈迦の五百大願は後者
にあたる。

原文は以下のとおりです。↓設我得佛 十方衆生 至心信樂 欲生我國 乃至十念 若不生者 不取正覺 唯除五逆誹謗正法訓読設もし我れ仏を得たらんに、十方の衆生、至心に信楽しんぎょうし、我が国に生ぜんと欲して、乃至十念せんに、若し生ぜずば、正覚を取らじ、唯五逆と誹謗正法は除く。たとい我、仏を得んに、十方衆生、心を至し信楽して我が国に生まれんと欲うて、乃至十念せん。もし生まれずは、正覚を取らじ。唯五逆と正法を誹謗せんをば除く。ということで、法蔵菩薩は、念仏を信じる衆生が往生できなければ、自分も悟りを得ることがないと断言されています。ここで、正法=念仏であれば、矛盾が生じますね。笑そもそも、念仏を信じる者は往生し、信じない者は往生しないということが前提になっています。改めて、念仏を誹謗する者だと念を押す必要はありません。念を押す必要があるのは、この正法が念仏でないということを意味しているのです。この正法こそ、釈尊の出世の本懐である法華経を意味しているのです。法華経の譬喩品第三には「もしも人が信ずることなく、この経を謗れば、その人は命終わって後に阿鼻地獄に堕ちるであろう」と説かれています。まさに、法華経を誹謗する念仏は、法蔵菩薩の四十八願に背いているのです。仏説無量寿経巻下「諸有衆生、聞其名号、信心歓喜、乃至一念。至心廻向。願生彼国、即得往生、住不退転。唯除、五逆誹謗正法。」 聞其名号→信心歓喜→乃至一念→至心廻向願生彼国という一連の流れがあるようです。そして名号を仏説無量寿経巻下の他部位から探しますと2か所ヒットしその前後に「十方世界無量仏」「国令見無量寿仏」と仏の名が出てきます。主に、大乗佛教経典に対しての誹謗。しかし、阿弥陀佛の救済範囲は、一切衆生であるが故に、誹謗正法、五逆罪を犯した者までも、念佛一行によって全ての衆生が救済される。先の回答にもみられるように、凡夫の抑止の為の佛語として理解すべき説示です。また、法華経においての修行は、戒定慧の三学であり、到底凡夫では不可能な教えであります。ただ、日蓮さんの教義ドグマとしては、お経のタイトル妙法蓮華経に、南無帰依する教えで成仏する信仰は、本覚思想の影響を受けたドグマである。正法とは、仏様が説かれた正しい教え、つまり仏法のことです。阿弥陀仏の第十八願に「唯除五逆誹謗正法」とあるのは、これらの罪は重罪であるから、衆生がこれを犯さないようにおさえとどめるために説かれたのです。自力の心を捨てて、本願他力に帰すれば、謗法の者も五逆罪を犯した者もみな往生できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です