1和が72 ふたつの自然数があり最大公約数は3最小公倍数

1和が72 ふたつの自然数があり最大公約数は3最小公倍数。最大公約数。ふたつの自然数があり、最大公約数は3最小公倍数は36和は21である ふたつの自然数を求めよ

わかりやすく教えてください、
答えは9と12です 最大公約数と最小公倍数の積の性質の2通りの証明。最大公約数と最小公倍数の積が元の二つの数の積と等しくなるという有名な性質
について。=× より,最大公約数は =,最小公倍数は =×= です
。 実際,== となっています!となるただし,, は非負の整数で
あり,素因数分解に登場しない素数の部分の指数は となる。1和が72。最大公約数かま。最小公倍数がであるふたつの桁の。自然数を求めよ
。は最大公約数と最小公倍数から,を求める問題 数学+=の整数解
を全て求めよ と言う問題です -はの倍数 +は-の倍数 と

math。素因数分解の応用問題のひとつに。2つの数の最大公約数と最小公倍数がわかっ
ているとき。その2数を求める問題があります。 例題1。けたの自然数,が
あり。この数の最大公約数が。最小公倍数がのとき。つの自然数,を
求めよ。=×,=だと。,が「互いに素」ではないので,がでわれて
しまうので。最大公約数がという条件 ,最大公約数と最小公倍数。なぜなら,大きな正の公倍数は,次の例で分かるように限りなくあるから
です. 例 と の公倍数 。 , , , , , ,

最大公約数 32つの数値は 3の倍数であることがわかる和が21①3 と 18②6 と 15③9 と 12 この次は 12 と 9 になるので組み合わせとしては同じ3つの組み合わせしかないことがわかる。それぞれの最小公倍数 約数で両方に入ってる数値は1つにして掛ける①18 {3}{2,3,3}→{2,3,3}②30 {2,3}{3,5}→{2,3,5}③36 {3,3}{2,2,3}→ {3,2,2,3}求める二つの自然数を、m,nとします。最大公約数が、g=3最小公倍数が、l=36m=3m`n=3n`m`,n`は互いに素と置く。l=3xm`xn`=36m`xn`=12.1m+n=213m`+n`=21m`+n`=7.2m`,n`は、二次方程式、t2-7t+12=0の二つの実数解。t-3t-4=0t=3,4求める二数は、3×3と3×4すなわち、9と12.こたえ参考求める二つの自然数は、二数とも3の倍数で和が21より、13と1826と1539と12のいずれか。この内、最小公倍数が36となるのは、9と12補足1 l=182 l=303 l=36如何でしよう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です