長所と短所 負の電圧とは… 電源装置や電源ICについてい

長所と短所 負の電圧とは… 電源装置や電源ICについてい。ものとしては+10Vもー10Vも同じで、2つの10Vの電位差のある端子のうちのどちらを0Vにつなげるかの話です。負の電圧とは… (電源装置や電源ICについて)

いろいろな電源がありますが、マイナス出力の電源はどうなっているのでしょうか ”マイナスの電圧を生成する”という事がピンときません

どこを基準(0V)にするかで極性は変わると思いますので、仮に+10Vと?10Vの2つの入力が必要な機器があった場合、”+10Vの電源2つ用意して片方は極性を逆に接続する ”
ではダメなのでしょうか
マイナス出力専用の電源ICがあるくらいなのでダメなのかな と、ふと気になりました
それとも実はそういったICは中で極性反転もしているだけなのでしょうか 電源設計のヒント:。負電圧を出力する電源が必要なアプリケーションとしては。試験および測定。
航空宇宙防衛。車載機器。医療普通の降圧または昇圧コンバータについて。
参考資料[]。[]。[]に。出力電圧を調整する方法がいくつか載っ

長所と短所。また。スイッチング電源のようにスイッチングノイズがなく。リップル除去特性
や電圧ノイズ自体も小さいので。負電圧用リニアレギュレータは。例えば-
入力の場合は。さらに低い-を出力することはできません。電位としては-
から-に下がっているのですが。電圧は-から-にマイナス方向に増え
ていますので。/コンバータという括りで。リニアレギュレータと
スイッチングレギュレータの基礎についての内容になっていますはじめに;
設計に使う電源プラス?マイナス電源のリファレンス?ボード。例えば。ボード上にが供給されている場合は。±を作るには昇圧と反転の
/コンバーターが必要となります。また。また。入力電圧によって選定
する/コンバーターの変更が必要になり。電源回路の再設計が必要に
なると思います。この記事では。弊社で開発した。入力電圧範囲の広い±
出力の/電源回路のリファレンスボードについてご紹介しました。

5G時代をリードする『コイル一体型DC/DCコンバーター』に負電圧。周辺回路を取り込んだ電源モジュールは今や。複数の電源メーカーから供給
され。需要が拡大している。技術者オンラインセミナーではまず。/
コンバーターから発生するスイッチングノイズとその対策について簡単に説明。
データセンターなどで用いられる装置間やボード間などで光信号を伝送する光
インターコネクトは。より高速で大容量化が進む。最新の通信機器や
機器。機器などに欠かせないデバイス」と述べ。講演を締めくくった。一般的な降圧コンバータをベースとして構成したバイポーラ電源。一般に。ベンチトップ型の電源装置には。シャーシ?ポートを除くと偶数個の
端子があります。つまり。グラウンド。正の電圧。負の電圧を供給する本の
出力端子を備えるバイポーラ電源を構成しているということです。では。単一
の端子を正電源。負電源として使用し。つの出力端子だけを使って負荷に電力を
供給したい場合には。どうすればよいでしょうか。そこで。本稿では。
バイポーラ電源専用のの採用が難しい場合に向けて。一般的な降圧コンバータ
を使って。

ものとしては+10Vもー10Vも同じで、2つの10Vの電位差のある端子のうちのどちらを0Vにつなげるかの話です。ただし、注意が必要なのは、 電源のCOM端子と0V端子をつなげると、どちらかの電源シャーシが電圧をもつ=触るとしびれる 電源によっては0V側の回路の絶縁の考慮が省略されているので、逆につなぐと電源が壊れる。つまり、0V側とされるのに電圧を加えるのは想定されていない使用法です。正電源のレギュレーターは、+の入力電圧を削って出力側に出します。正負電源を作る時、独立した2つの電源があれば、正電源のレギュレーターを重ねることで作れますが、そももそもGNDが共通した供給源からの正負電源の場合、これでは負側は制御できないので、負電源を扱える物が必要になるだけのことです。例えば、電圧反転回路を使って負電圧を作ると、必然的にGNDは共通になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です