過去ログ[ 消滅時効は成立しますか 親会社が子会社を他社

過去ログ[ 消滅時効は成立しますか 親会社が子会社を他社。何の債権か分かりませんけど、会社間の取引でしたら民法ではなく、商法522条の時効ですね。【消滅時効は成立しますか】
親会社が子会社を他社に売却しました 子会社が親会社に対して地代家賃の未払いが2000万円あります 親子間なので、未払いから「6年」経過していますが、請求も訴訟もありません 決算書類では、未払金があることが記されていますが、公告はしていません このような状態で、未払債務も売却された子会社に移された場合、請求がない(時効中断事由がない)ことにより時効の援用を売却先の子会社が主張することは可能でしょうか

消滅時効の起算点[出典:yahoo、wiki)
○消滅時効は権利を行使することができる時を起算点として、この起算点から進行する
(166条1項)
○起算点の具体例 確定期限付の債務 確定期限の到来時
?不確定期限付の債務 不確定期限の到来時???返済期限はない
?期限の定め無き債権 債権が成立したとき???成立している
?債務不履行による損害賠償請求権 本来の債権について履行請求できるとき
??前月末払い
?契約解除による原状回復請求権 契約解除時
?返還時期の定めの無い消費貸借 債権成立後、相当期間経過後
?不法行為に基づく損害賠償請求権 被害者が損害及び加害者を知ったとき時効
の中断[編集]

時効の中断とは、時効期間の進行を中途で断ち切って、期間の進行を振り出しに戻す
ことを中断といい、その原因を中断事由という

時効の中断には自然中断と法定中断の二種類がある
自然中断は取得時効に特有のもので、占有者または準占有者が任意にその占有を中止し、
または他人にこれを奪われたとき中断する これは第164条に規定されており、所有権以外
の財産権に関する取得時効(165条)や、準占有の場合にも準用される(205条) 取得時
効の基礎となる占有という事実状態の永続が途中で途切れてしまうのであるから、取得時効
が中断するのは当然といえる それゆえ自然中断と呼ばれるのである この自然中断は全て
の者との関係に影響する(時効の相対効を規定した148条は適用されない) また、自然中
断の例外には占有回収の訴えを提起した場合がある
時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる(457条)

法定中断
民法が147条で定めている時効中断事由によって時効が中断する場合を法定中断という これは取得時効、消滅時効の区別無く適用される
請求、差押え?仮差押え?仮処分、承認という3類型を定めている
権利行使説:権利行使がなされたことが時効の中断の効果を生じる根拠と考える
権利確定説:権利の存在が確定されることが時効の中断の効果を生じる根拠と考える

「請求」、単に債務の弁済を請求することは「催告」であり、完全な中断の効力を生じない 裁判に訴えなければ権利行使とは言えない(権利行使説)、あるいは争いのある権利の確定には裁判ないしそれに準ずる公的手続きを用いるべきだから(権利確定説)である

「請求」の中心的内容をなすのは「裁判上の請求」である(149条) 訴えの提起がされた時点で中断が生じるが(民事訴訟法147条)、その訴えが却下(棄却を含むとされる)または取下の場合には中断はなかったことになる(棄却の場合、権利の存在が否定されるのだから生じようもない) ただし、却下?取下の場合でも、訴えの提起は催告の効果を持つ(「裁判上の催告」といわれる) 支払督促は、民事訴訟法所定の期間内に仮執行を申し立てなければ時効中断の効力を生じない(150条)

「承認」
時効によって利益を受ける者が、時効によって権利を失う者に対して、その権利の存在することを知っている旨を表示すること(例えば債務者が、自己の債務の存在を認める行為)である
黙示でもよいとされ、支払猶予を求めたり、一部を弁済したり、利息を支払った場合のように債務の存在を前提とした行為は「承認」にあたる この承認には、相手方の権利についての処分につき行為能力または権限があることを要しない(156条)

どうでしょうか 決算書に書いているから時効の中断事由である「承認」のような?? 消滅時効でよくある質問。よって。お金を貸したからといって永久的に支払義務が続くわけではなく。債権
者である貸主が請求を一定期間せず。かつ。債務者である借主が一定期間弁済を
しなかった場合は時効が成立します。 2.借金は何年で時効になりますか?

過去ログ[。他者の資金で設置可能なら補助要らないじゃん親会社の建物に親会社が動産
を設置する旨の申請で。子会社が補助申請書を提出するというのは。子会社が
親会社の委任を受け。そのことを消滅時効の起算日はいつにしていますか。
保険料還付金の請求権については。国民健康保険法第110条で時効消滅期間を
2年と規定しています。民法951条により。相続財産法人が成立し。C及び
相続財産法人の共有 状態となりますが。相続財産管理人が選任されていないため
。相続合併。合併される会社=消滅会社合併と同時に消滅し。合併した会社=存続会社の一
部になります。同業他社を吸収するに行われます。また。好調な子会社を
親会社が吸収合併することで財務の改善?株価上昇を図ったりする場合も
あります。

時効援用で失敗するケース。時効が成立したかどうかを調べる方法は? 時効援用によって借金が消滅するため
には。当然のことですが。時効が成立している必要があります。論文題目。第一項 法人格否認の法理の成立史 モンゴルにおいて親会社は。①節税のため
。②銀行から資金を得るために子会社を利用することが指摘さめ。訴訟が提起
される前に。戦略的配当や株式売却などを通じて子会社の事業活動からで列挙
された実質的支配者と共同で他社子会社の過半数に達する株式保有がある場
きから 年で時効により消滅する民法 条 項 号という限界もある。

何の債権か分かりませんけど、会社間の取引でしたら民法ではなく、商法522条の時効ですね。商事消滅時効第522条商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。ただし、他の法令に五年間より短い時効期間の定めがあるときは、その定めるところによる。請求がないのですから、時効の援用は可能でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です