進む少子化 20です ちょっと疑問に思ったのですが少子化

進む少子化 20です ちょっと疑問に思ったのですが少子化。少子化もさることながら、安倍政権が制定した戦争法により自衛隊がこれまでよりも危険な職業と広く認知されるようになっていますから、既に若者が自衛隊に志願しなくなっています。20です ちょっと疑問に思ったのですが、少子化の影響で人手不足の日本は今後徴兵制をとりうることはありますか 少子化と教育に関する小委員会第9回議事録。どんなことが影響するのかと思っていろいろ見ていて。どれも影響しないような
感じがしました。教わるのはいいんですけれども。結婚したからといってすぐ
にパートナーシップはできるものではなくて。10年。20年。30を
持ち出して。母親が子育てをしろという議論を。この場でしていいものかどうか
というのは私は非常に疑問に思っております。一番最初に。前は社会的な労働
人口。経済問題が入っていたんですけれども。少子化がもたらす問題を。心身
ともに健全な「進む少子化。一段と進む少子化の現状と子育て支援策の遅れ▽政府が新たに打ち出した。幼児
教育?保育の無償化の課題。そして。 ▽子育てを社会全体でまず。今月発表
された少子化の現状です。 これは。一人の女性が一生涯のうちに産む子どもの数
を示す「合計特殊出生率」と出生数の推移です。出生率ました。 これは出産
できる年齢の女性の数が減少していることが大きく影響していますが。加えて。
20代や30代前半の出生率も低下。みなさんの疑問にお答えします。 残り
分を

少子化への対応を考える有識者会議第1回議事録。ちょっと考えただけでも大変多くの課題が出てまいります。今日は少子化への
対応を考える会議ということですが。妊娠。出産。不妊症などを扱います産婦人
科は。この問題に直接的に深くかかわっていると思っております。本会議では
この産婦人科医師としての立場と。働く女性としての立場から何か提言が出来れ
ばと思っております。公益法人の結婚相談事業に年間かかわっております。
歳~代の男性。女性の結婚を取扱っておりますが。直接。あるいはイベント
でQ2。少子化に影響を与える要因として。非婚化?晩婚化及び結婚している女性の
出生率低下などが考えられる。年代後半からは歳代女性の未婚率が急激に
上昇したほか。結婚年齢が上がるなど晩婚化も始まり。年代に入ってからは

次の10年について考えていることー「人口減少」「少子化」「高齢。次の年」を考えたとき。「人口減少」「少子化」「高齢化」などのキーワード
が多く出てきます。拡大はもちろん。現状維持ですら難しくなってきますから
。「減らす」「やめる」ことが必要になってきます。海洋プラスチック汚染
問題も。人間の健康への影響が明らかになってくるでしょう。ていくよね。
という「地元経済を創りなおす」考え方や取り組みもそうです。年以上前に「
バックキャスティング」という考え方を“輸入”して伝えてきたこと。「間違った少子化対策はいつまで続く。少子化対策のためには結婚を奨励するべしというと時代遅れで批判もされそうな
世界ではあるのですが。少子化については。子ども同士のふれあいの減少等
により自主性や社会性が育ちにくいといった影響や。年金などのて待機児童
解消に向けて頑張っておるわけなんですけど。もう年も前からそれは話題には
なっていたわけですよ。と思ってもまあなかなか大変なわけです。

少子化と男女共同参画に関する専門調査会。少子化と男女共同参画社会ということですが。まず問題設定です。つは。男女が
等しく社会参画しやすい社会の実現というのが男女共同参画会議の中心的な
テーマでつまり結婚の構造が大きく変化したことが出生率低下に大きく影響を
与えたということで人口学的にわかります。その人は年に歳を迎えた
人たちであるというふうに。このようにこの図を見ます。出産年齢を少し
早める方策はないものかと思って調査したのですけれども。どうもその辺は
うまくいかない。20です。いずれかを含む。です ちょっと疑問に思ったのですが少子化の影響で人

少子化もさることながら、安倍政権が制定した戦争法により自衛隊がこれまでよりも危険な職業と広く認知されるようになっていますから、既に若者が自衛隊に志願しなくなっています。*****現実に、安倍政権になってからの志願者激減により、男子の実質的志願倍率はすでに2倍を切っていると考えられます。一流の私立大学ですら募集人員の2倍程度の合格者を出して、定員を満たしているのですから、これはもう兵士に相応しいか選べるような状況じゃない、明らかな問題がない限り全員を合格させて、それで今の入隊者数を確保しているレベル。安倍政権が制定した戦争法を廃止できなければ、この戦争法によって死傷者が出ることで、志願者の更なる激減と隊員の大量退職が発生し、自衛隊は現状規模を維持できなくなる。ですから、2020年代半ばには8割程度の確率で日本は何らかの徴兵制導入に追い込まれるだろうと、私は予想しているのです。安倍首相は徴兵制はあり得ないなどと言っていますし、彼個人は本当にそう思い込んでいるのかもしれませんけど、彼に決定権は無いのです。まだ選挙権すら持っていない若者たちが、どれだけ今後の自衛隊に志願してくるかで、徴兵制になるかならないかは決まるのですから。*****安倍政権成立前後の男子の一般曹候補生の志願者数は以下の通り2011年度 43,529人 試験を春秋2回実施2012年度 29,092人 試験は1回のみに変更、東日本大震災2013年度 29,535人 安倍政権成立2014年度 26,735人2015年度 21,181人 戦争法成立2016年度 20,444人2017年度 24,267人 試験を春秋2回実施一般曹候補生試験を春秋2回実施するというのは、イラク派兵で志願者が激減した後、2009年度から2011年度まで実施されていた方法で、当然のことながら一部の志願者はダブルカウントされます。それによって、何とか2017年度の志願者数は前年度を上回っているかのように見せることはできましたけど、その数字は2011年度の時と比べても44%も少ないものです。また、それ以外の職種も含む全ての応募者を合計すると、これはもちろん併願している応募者をダブル、トリプルでカウントした数字ですが、2011年度 119,556人 一般曹候補生試験を春秋2回実施2012年度 114,250人 一般曹候補生試験は1回のみに変更、東日本大震災2013年度 114,609人 安倍政権成立2014年度 105,769人2015年度 93,003人 戦争法成立2016年度 91,798人2017年度 93,020人 一般曹候補生試験を春秋2回実施と、こちらも明らかに減っています。景気が良くなれば減るんだとか呑気なことを言っている人もいますけど、じゃあ志願者がこれ以上減らないように、政府はわざと景気を減速させるんだ、なんてことをこういう人は言うつもりでしょうか?そんなこと、やるわけがありませんね。現状でも、自衛隊は毎年実員を増員する予算を立てているのに、安倍政権になってそれが実現したためしがない。それだけ志願者が少ない、それこそが事実です。*****そして昨年8月に立て続けに、『自衛官の採用上限、32歳に引き上げ 人材確保の司令塔部署も新設 少子化で迫る「静かな有事」対応』 産経新聞『自衛官定年、1~5歳延長を検討…人員不足解消』 読売新聞こういったことが報じられた。これらの数字や報道を見てもなお、日本は徴兵制に近づいていると認識しないようなら、そういう方は「平和ボケ」さんってことでしょう。*****よく自称保守の皆さんが言いふらす、現代の兵器はハイテクだから数年では使いこなせないから徴兵では役に立たない、などという話は、徴兵制を全否定したい人々の、現実から目を背けたそうあって欲しいという願望にすぎません。そして何より、徴兵が役に立つ局面は、戦争法によって他国の戦争に加担した際に、大規模戦闘終了後の治安維持活動に駆り出された場合。アフガニスタン戦争でもイラク戦争でも、アメリカはこの治安維持活動において戦死者のほとんどを出してしまったのですから、次の戦争ではこれをアウトソースしようとするのが当然であり、日本が担わされることになるのもその部分となる可能性大。となると、ハイテク兵器なんて出てくる余地はほとんどない、普通に小銃を持ってパトロールする兵士が必要とされているだけ。だいたい、アメリカだってイラク戦争においては、実質的な経済的徴兵であり、それまでは別の仕事について州兵を現役招集して、半年間の訓練を施しただけで戦場に送り込んだのです。アメリカが求めているのは、その代わりになる人材なのですから、徴兵の需要は十分にあるということです。また、徴兵制なんて導入したら選挙に負けることになるからできない、なんて言う自称保守の面々も多いですが、そんなことはありませんね。だって政権交代させたところで、一旦自衛隊が危険な職業と認知されてしまえば、自衛隊の志願者が増えることなんて、もはやあり得ないんですから。野党が徴兵制廃止を訴えたってそんなことは実現できやしない。選挙戦で志願者がいない現実を訴えて、野党には対案はない、野党は平和ボケしているとか言えば、これで選挙に負けることなんてまあ起きませんね。志願者が減ったのは自分たちの政策のせいなんですから、まさに自作自演なんですけど、現実に志願者がいないのですから、誰にどうすることもできない。野党がいくら頑張ったって無理なものは無理なのです。そして、今、こんなことを言っている自称保守の皆さんは、実際に政権交代しなければ、国民が納得して徴兵制を導入したんだと責任転嫁し、自分たちが言っていたことが大嘘だったことにすっかり頬被りするのは目に見えています。海洋軍事国家と化した徴兵国の中国は、徴兵は近代戦で役に立たない、と実質は応募制になっています。戦闘機パイロットが一人前になるのには航空学校6年→二機編隊長資格→四機編隊長資格→実戦資格と16年はかかります。イージス艦の運用マニュアルは6畳間が埋まります。ライフル担いで白兵戦とかすると思いますか?ミリカテで質問した方がいいですよ。政治社会カテは取るに足りません。面白いこと言うな~。少子化で人手不足?まだ少子化の影響は受けてはいないだろう。日本は人出不足?その理由は?日本は人出は不足はしていない、ただ不足しているのは労働者、ニートや引きこもりが働きに出てくれば逆の人出余りになる、そうすれば外国人労働者を削減できる。徴兵制?現代の戦争は人間の頭数ではない化学兵器の時代だ。戦場に同国人が出て行っては化学兵器が使えない、という事は人は要らないという事だ。そのうちタンスの角に足をぶつけたから徴兵制になりますか?って質問しそうな感じですねw人手不足自衛官不足徴兵制という考えでしょうが、それこそ若い人たちが、そういう政治家を選挙で選ぶかどうかというところでしょう。選挙に関心がないとか、投票しても変わらないという人がいますが、実際国のながれを決めるのは選挙です。徴兵制をうたっている政治家を当選させていけば、そうなるでしょう。当選させるということは、そのようにしてくれという意思です。もちろんそういう政治家は落とすという意思があれば徴兵制は実現しません。ないですね。何かと面倒な徴兵制を行うよりも、自衛隊員一人当たりの質の向上や低人数で運用可能な兵器?システムに力を入れたほうがはるかに有効ですから。現代の戦争で歩兵戦などの人海戦術はありえないので徴兵する意味がありません。むしろ兵器製造の徴用工はあり得るかもしれませんが、日本が戦う可能性がある国は中国?ロシア?朝鮮半島ですから弾道ミサイルの先制攻撃でほぼ戦いは終わります。当然のことながら日本の負けです。ここ100年で見る限り、少子化を理由に徴兵を止めたり規模を縮小した国はあるが始めた国は存在しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です