職員からの一言:岡山地方検察庁 副検事や検察事務官も逮捕

職員からの一言:岡山地方検察庁 副検事や検察事務官も逮捕。副検事は検察官なのでできますが、検察事務官はできません逮捕状の請求権者は、検察官又は司法警察員警部以上です。副検事や検察事務官も逮捕状請求できますか 検察庁。この日間も逮捕と同様に土日祝日であってもカウントされます。, 勾留は。検察
官の請求に基づいて裁判官が検察事務官などが内部試験に合格することで,
任官することができます。, 副検事が扱う事件は,当然,検事が職員からの一言:岡山地方検察庁。検事という仕事; 副検事について; 立会事務官の仕事について; 検察官のパートナー
として; 事件?令状,証拠品事務についてここで,立会事務官と呼ばれる検察
事務官との関係についてもお話しします。検事も,捜査や処分の方針に悩む
ことは当然ありますから,そのような場合には,立会事務官と共に悩み,
話し合うこともあります。そして,何より,副検事になる前に多くの検察官の
姿を生で目にすることができ,技術面はもとより,精神面,人間性など多く

法務省:検察官及び検察事務官の職務。なお,検察官には起訴できる事件でも,犯罪の軽重や種々の情状などによって
起訴しない起訴猶予など権限があります。検察事務官は,検察官の指揮を
受けて犯罪の捜査,逮捕状による逮捕,罰金の徴収などの事務を行っています。
差押え,捜索,検証又は身体検査の令状を請求すること,又その執行をする
こと。

副検事は検察官なのでできますが、検察事務官はできません逮捕状の請求権者は、検察官又は司法警察員警部以上です。ただし、検察官、検察事務官は緊急逮捕はできます。刑事訴訟法210条1項

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です