第145回日商簿記2級 日商簿記3級の問題です 〈問題文

第145回日商簿記2級 日商簿記3級の問題です 〈問題文。会計期間や金額など詳細がないので、適当に付け足した例で答えます。日商簿記3級の問題です

〈問題文〉
貸付金は平成○年4月1日に得意先に対して貸付期間1年、年利率4%で貸し付けたもので、利息は元金とともに返済期日に受け取ることになっている 当期分の 利息の計算は月割計算による

借入金は平成○年7月1日に借入期間1年、年利率3%の条件で借り入れたもので、利息は借入時に全額差し引かれている 当期分の利息の計算は月割計算による

この二問を教えてください 日商簿記3級の問題です。第149回日商簿記検定3級?問1手形貸付金。解説 手形貸付金に関する問題です。 本問は。問題文の「同額の約束手形を
受け取り」から。貸し付けにあたって借用証書の代わりに約束手形を受け取った
ことが分かります。 このような場合は。通常の貸付金と区別するため

簿記。各級のレベル級極めて高度な商業簿記?会計学?工業簿記?原価計算を修得し。
会計基準や会社法。財務諸表等規則などの企業会計お願い日商簿記検定
試験2級?3級ネット試験申込時の氏名?生年月日の正確な記入について
簿記第145回日商簿記2級。に実施された第回日商簿記検定。簿記級の試験問題や解答
速報。予想合格率を掲載しています。特に第問が難しかったです。第貸付
金,は長期貸付金から短期貸付金に振り替えます。①問題文の「差額
補充法により未払法人税等に計上する」と書いてありますので。未払法人税等が
税引前当期純利益の%にしんたいらさま私も同じ気持ちでした。日商簿記3級無料問題集。日商簿記3級試験対策の問題集です。すべて無料でわかりやすい解説も付いて
いるので独学でも安心です。ぜひチャレンジして差入保証金と役員貸付金
借入金の仕訳問題日商簿記級無料問題集第問-のサムネイル画像 貯蔵品

会計期間や金額など詳細がないので、適当に付け足した例で答えます。利率は問題文と同じ%で設定しています。◆貸付金貸付金は現金にて¥90,000を貸した。会計期間は1/1から12/31とする。仕訳[借方] 貸付金 90,000 、未収利息 2,700[貸方] 現金 90,000 、受取利息 2,700利息全体→¥90000×4%=3,600利息の月割り金額→¥3,600/12ヶ月=¥300当期中の利息が来期受け取りなので、一旦受取利息という収益として計上し、未収利息という資産に振り替え、来期に持ち越します。当期4月から12月の計9ヶ月分の利息の金額→¥300×9ヶ月=¥2,700なので、未収利息 2,700 / 受取利息 2,700 ◆借入金借入金は現金で¥90,000借りた。会計期間は1/1から12/31とする。[借方] 現金 87,300 、支払利息 2,700 、前払利息 1,350 [貸方] 借入金 90,000 、支払利息 1,350利息全体の金額→¥90,000×3%=¥2,700利息の月割り金額→¥90,000×3%/12ヶ月=¥225現金は借入金から利息を引いた金額で受け取った→¥90,000ー¥2,700=¥87,300利息を全額当期で支払っているので、いったん「支払利息 2,700」とします。しかし、来期の1月から6月分は利息の前払いなので、当期の支払利息から引いて、前払利息という資産に振り替える必要があります。そのため、前払利息 1,350 / 支払利息 1,350 という仕訳が追加されます。以下は費用収益の見越し繰り延べについて説明されたページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です