療養費立替払い 社会保険料立て替え払いについてある事情話

療養費立替払い 社会保険料立て替え払いについてある事情話。途中のやり取りがなければ、ご質問者様に請求できるとき給与を誤支給したとき、および当該保険料に関する給料日から10年になりますが、本件では、「2014年7月に退職して、8月の中頃には給与の返還と社会保険料の立て替え払いを返還したいので総額を教えていただきたい」と連絡をされています。社会保険料立て替え払いについて

ある事情(話すと長くなりますので割愛いたします)で2013年12月?2014年6月まで、以前の勤務先が社会保険料を立て替え払いしてくれています
さらに2013 年12月は丸々一ヶ月欠勤であったにも関わらず、事務長が勘違いして給与が振り込まれました
2014年7月に退職して、8月の中頃には給与の返還と社会保険料の立て替え払いを返還したいので総額を教えていただきたいと以前の勤務先に連絡しました
しかし、まだ計算しているところと言われてしまいました
さらに2015年7月頃に会社で勤めていたという証明が必要になり連絡して、改めて総額を知りたいと伝えましたが、「もう少し待って」と
さらにさらに2016年7月に連絡しましたところ、「また総額が分かったら連絡するから」と言われてしまいました

色々と調べていたのですが、社会保険料の立て替え払いや給与の過払いなどは時効があると知りました
社会保険料の立て替え払いは5年
給与の過払いは10年
この時効とはいつからの計算になるのでしょうか
例えば2013年12月の社会保険料は2018年12月まで
それとも内容証明などが届いてから5年 療養費立替払い。よくあるご質問 疾病任意継続退職後の船員保険について船員保険の職務外
疾病給付について船員保険の独自給付船員保険では。保険医療機関の窓口に
被保険者証を提示して診療を受ける現物給付が原則ですが。やむを得ない事情で
になったときなどは。かかった医療費の全額を一時立替払いし。あとで請求し
て療養費被扶養者の場合は家族療養費については。例外的な取扱いとして
。自己負担分を柔道整復師に支払い。柔道整復師が代わって残りの費用を船員
保険に

立替金。立替金とは。取引先。役員。従業員。会計会社などが負担すべき金銭を会社?
事業主が一時的に立て替えたときに使う勘定科目である。従業員が負担すべき
雇用保険料などの社会保険料を立替え払いした場合にも。立替金勘定預り金を。それどころか。徴収した源泉所得税等は。税務署に納付されずに自社の預金に
あるとさえ思っていました。それでは。まず以下で毎月の源泉所得税等の仕訳
を紹介していきます。, 例。従業員の給料万円から。社会保険料万円。月
末締めの翌月末払いなのですが。通常 立替金。貸付金。仮払金については。混同
しやすいので注意しましょう。, 立替金費用を立て替えたとして。立替金
として計上したものの。諸事情で回収まで時間がかかりそうだ。というケースも
あります。

「退職したらナゼか給与の返金を求められた???。控除項目は雇用保険料のみがマイナス数字で記載; 勤怠項目には有給残日数あり;
お知らせ欄には「当月払いの月末締め?当月日払いの「当月払い」の会社で
あっても。勤怠の締め日である月末付の退職であれば。給与が残っている有給
の利用について。上長や会社と退職日を決める前に相談をしましょう。事情
により返金が必要となってしまう場合は本人に事前に説明を。立替金の清算について。その期間については。 本人の負担義務がある社会保険料や住民税および親睦会費
原則全員加入?月々円程度ご本人とお話しした際。家庭の事情があり
ご家族の通院等で費用がかさむ…されることが予め。 明確に認識されて
いるので。 その立替払分は。 退職金債権と相殺することも許されると考えます。

立替金?預り金の処理。また。給料から天引きした源泉所得税や社会保険料など。後で支払わなければ
ならないものは「預り金」として処理します。立替金とは 立替金と貸付金?
仮払金の違い 立替金の仕訳方法 立替払いをした時; 立替金を回収した時 預り金
とはなお。取引先などが支払うべき費用を立て替えたとして。立替金として
計上したものの。諸事情で回収まで時間従業員に支払う給料万円について。
源泉所得税万円。住民税万円。社会保険料万円を差し引いて。立替払いをしたとき。療養費の支給は。健康保険組合が療養の給付を受けることが困難であると認めた
とき。健康保険組合がやむを得ないものと認めたときに限り。支給されます。
やむを得ない事情で医療費を全額立替払いした場合。あとで請求して療養費
として。払い戻しを受けることができます。~歳の被保険者。被扶養者の
給付?自己負担についてはこちらを参照してください。治療用装具を装着した
ときコルセット?サポーター?義眼等, 基準料金の割義務教育就学前は割

休職中の保険料について。総務担当者の話によると。保険料については毎月賃金から自動的に差し引いて
いるが。か月間は給料がない以上。社会保険については。休職中給料が支払
われていなくても。自己負担分の保険料を支払う必要があると思

途中のやり取りがなければ、ご質問者様に請求できるとき給与を誤支給したとき、および当該保険料に関する給料日から10年になりますが、本件では、「2014年7月に退職して、8月の中頃には給与の返還と社会保険料の立て替え払いを返還したいので総額を教えていただきたい」と連絡をされています。この場合、この連絡をされたときから10年になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です