牧野親成とは 画像は京都所司代牧野親成が京都に向けたお触

牧野親成とは 画像は京都所司代牧野親成が京都に向けたお触。火之札制止之事右私之遺恨在之二付無実を申かけ剰当町隣町に。画像は京都所司代牧野親成が京都に向けたお触れの一つなのですが、くずし字が読めません
楷書書きにお願いいたします
また解説もあればお願いいたします
何卒、よろしくお願いします ※スマホやタブレットの知恵袋アプリだと画像の拡大ができるようです 画像は京都所司代牧野親成が京都に向けたお触れの一つなのでの画像。刀剣ワールド京都所司代?板倉家と天秤と称された薙刀。ここでは。親子代で京都所司代を務めた板倉家いたくらけと共に。「板倉
重宗」いたくらしげむねが所持し江戸幕府によって設置された「京都
所司代」きょうとしょしだいは。京の治安を維持するために置かれた行政
機関このとき。板倉重宗は難題な事案件について。自らの意見を詳細に書き
連ねて牧野親成に引き継ぎました。そして同年月日。歳でこの世を去り
ました。

牧野親成とは。牧野親成とは? 牧野 親成まきの ちかしげは。江戸時代前期の大名。下総国
関宿藩代藩主。丹後国田辺藩初代藩主。江戸幕府京都所司代。丹後田辺藩牧野家
代。表話編歴牧野氏関宿藩代藩主 年 – 年相双倉二一カ条に関する二?三の問題。近世京都の研究に先駆的な業績を残された故秋山國三氏は。その古典的名著
『公同沿革史』において。以降の研究 の指針となる結論を先取りして言えば
。右の「条々」は単に農村に向けただけ 範囲では一点史料方でも創出して
いく必要があった。その際。所司代がとり得た選択肢は。単純化すれば二方策で
あったろう。一つは 扶持を与える役人九カ条目があるが。この条目は初論の
こと。牧野親成所司代治政期承応三一六五四年一一月~寛文八一六六 八年五
月の触書

江戸幕府?京都所司代。牧野 親成, まきの ちかしげ, 佐渡守, さどのかみ, , 承応, , , , , 寛文,
, , , 家綱 板倉 重矩, いたくら戸田 忠昌, とだ ただまさ, 越前守, えちぜんの
かみ, , 延宝, , , , , 天和, , , , 家綱?綱吉 稲葉 正往, いなば

火之札制止之事右私之遺恨在之二付無実を申かけ剰当町隣町に 至まで及類火族重科之至厳制先畢火之札被建たるもの在之ハ其身壱人内証申来べし兼又ゆへなくして金銀をもらひ申へきため火之札立てたる族有之ハ少分たりといふ共一切あたふべからず若金銀をとらせたる者有之ハ可為曲事或ハ火之札を立てるもの捕来又ハ雖為同類訴人に出たる二おゐてハ其科を許犯人之財宝をとらせ申べき也札を立たる本人者放火人に??して可處重科若又其趣を存知之輩奉行所江不申来ハ可罪科者也大体こんなところかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です