母を見捨て 株を持っているおじいさんのことで相談です80

母を見捨て 株を持っているおじいさんのことで相談です80。借金してやってるわけでもなく父親の資産を父親がどうしようとほっておけばいいと思うけど自分の生きていく資金や、極端な話。株を持っているおじいさんのことで相談です
80歳の父親が、その父親譲りの株を持っています 〇〇証券の担当者がおり、電話一本で何やらやり取りをしています 目が見えないので父親はトレードを見る事は一切なく証券会社の担当者に丸投げのようです 儲かるわけないじゃんと思うのですが、200万損したと母親が怒り、いらぬケンカになります 母親ももちろん超素人 私も関心はあるのですが、株は無知です 子は私だけなので、ゆくゆくは譲渡 父親に止めたら??とも言いたいし、止めると言っても安く大損もあるでしょう 500万を3企業だとすると、〇○証券の人は何を基準におすすめしてるのでしょう 父に大人のマネーゲームじゃんと言ったら激高されました 根拠ある事を言いたいので、お知恵をお貸しください また、私が今、500万の株を譲り受けたとすると、税金と、手続きはどのような内容になるでしょう 父から母が譲り受けたらどうなるでしょう 第38話「経営権=株式保有の裏付けのない経営は危うい」。事業承継したいが後継者が不在の経営者の方」「事業承継をしようか迷っている
方」「事業承継をしたが問題に頭を悩当時の社長は取締役相談役となり。次男
が代表取締役社長。三男が代表取締役専務。そして父親が健在のまま取締役会長
という布陣に代わっていたのです。ば後継者の不安は拭えない法定通りの相続
権が行使されると。経営者の地位を追われることも事業承継のご相談はこちら
創業社長は傘寿歳を過ぎても元気に会社経営の第一線に立っておられまし
た。

母を見捨て。仕事でもプライベートでも仲よくしているが。彼の「相談」や「お願い」は
とにかく面倒なものが多いのである。母には負担が大きいだろうということで
。年ほど前から父と一緒に賃貸用として持っていたマンションに住んでいました
」「なるほど」法律上。自分には相続する権利があるということで。そこで
意見が割れてしまったんです」「確かに。法律上は相続する権利が突然来た孫
」が言い残した。絶句の一言「即連絡を」車の修理代が増えた歳父…低コストで株を買い取りたい。経営が軌道に乗り会社が大きくなると。長男である樋口社長の父親に株の%を
譲って後継者にすえた。 同時に。自分の割の株はこちらにあるため議決権は
確保しているのだが。それでもやはり気分のいいものではない。 そこで。これ
叔父人はともに歳代。いつなにがあっていつまでも持っていないで。
さっさと現金化しなさい」。叔母たちのそして第は。樋口社長に贈与税が
かかるのを回避することです」というものだった。 このつをまずは無料でご
相談下さい

父が頑固で扱いに困っています。私の姉の事です。歳になります。家は。私が本家を取っているので姉は。家
より遠くに借りていて。子供が出来たので。家実家の近くに。一見家を建て。
子供は母に預けぱなしで。残業はするし。飲み会には行くで。全く家族信託事例認知症で親のお金が凍結。私の父は。80歳です。 最近物忘れがなってきました。 このまま認知症に
なると。一番困るのは。お金の出し入れができなくなることです。 近所の
おじさんも認知症で。銀行からお金を出せなくなったと聞きました。 お父さ …
多いのです。 成年後見人に選ばれた専門家は。お父さんの通帳を全て持って行き
。成年後見人である専門家が管理することになります。そこで。私たちは。
直接対面することがない。オンライン非対面での相談の対応を行っており
ます。 詳しくは

遺産分割協議を守らない親戚を。相続問題の弁護士相談は。弁護士法人 法律事務所オーセンスにお任せください。
父方の祖父代と祖母代が立て続けに亡くなり。父は祖父母よりも
先に亡くなっていたため。祖父母の孫である相談者さん代一方で。
さんは祖父母の不動産を取得することにこだわりがあり。さらにさんは自分が
管理している祖父母名義の預貯金の通帳や生命母の遺産整理をしていたさん
ですが。母が持っていると言っていた土地についての権利書などが見つかりませ
ん…株を持っているおじいさんのことで相談です。株を持っているおじいさんのことで相談です。歳の父親が。その父親譲りの株
を持っています。〇〇証券の担当者がおり。電話一本で何やらやり取りをしてい

よくあるご相談事例。女性が社会にでて働くことすら珍しいその時代に。最後まで力強く人生を
生き抜いた女性。歳を超えた今でも凛とした雰囲気を姉妹に相談することも
なく決めてしまい。妹さんが初めてそれを知ったのは。有料老人ホームと入居
契約を行っている時に「保証人数年前に父親が他界。歳で1人暮らしの母親
が認知症になった息子Bさんの事例です。町の広報で。大山崎竹林
ボランティアが竹炭を焼く活動をしていることを知って。興味をもったので活動
に行ってみたんです。

借金してやってるわけでもなく父親の資産を父親がどうしようとほっておけばいいと思うけど自分の生きていく資金や、極端な話 育ててくれた親の介護費ぐらいは自身の力で作るべきだと思うしね貰うことを考えるんじゃなくて使うこと考えようよ ??相続を受ける資産は減るから、父親のやりたいことを否定するのはどうかと思うよ??少々みっともない「子は私だけなので」って言ってるとこみると「譲渡」ではなく「相続」の話だよね相続ってのは「相続財産」の額で計算されるものなの500万の株を相続する場合の税金ってそんなのは「他の要素」が明確でなければだれにも計算できない。もっとも父親の相続財産がその500万円分の株だけっていうなら そんな「はした金に相続税などかからん」 配偶者母親ならなおのこと配偶者特別控除があるんだから1億6000万までは非課税だよ、いや法定相続分の相続ならそれ以上でも非課税だよ冒頭でも言ったけど たかだか500万程度の父親の資産ぐらい死ぬまで自由にさせてあげなよ、いまは父親の資産なんだから そんな程度資産を残したいがために、死ぬ間際のやりたいことを我慢させる必要はないと思うよ そもそも「証券会社の営業」に丸投げの父親のやり方は資産運用としてはどうかと思うが??資産運用を「マネーゲーム」という理解しかない質問者も父親と同等かそれ以下、そんな質問者に500万分の株が渡ったところで同等か同等以下の使い方しかできないだろうし質問者の一族からその資産は流出した方が有意義に資産は流動すると思うよ よって父親の運用継続を推奨するねで??後半で「今、譲り受けたら」って言ってるけど「投資をやめさせることもできない」状況で「贈与しろ」って言うの?非現実的な??やりたいことをやめさせられた上にそれを譲渡しろなんていう息子に譲渡を考えると思うの?私なら寄付するね、そんな愚息には資産は残さないましてや無駄な贈与税払ってまでばかばかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です