日本だけではない 原子力爆弾について 日本は戦時中アメリ

日本だけではない 原子力爆弾について 日本は戦時中アメリ。痛い目を見るのが当たり前と言いますが、であればイギリスだってフランスだってアメリカだって同じことしてるんですから。原子力爆弾について 日本は戦時中アメリカから核を落とされました アメリカは侵攻を止めなかったからだと言います 私はそれを言われると納得してしまいます 当時の日本は今の北朝鮮のようだと感じます そりゃアメリカだって自分の国を守るために日本を阻止しなければいけないし当時の旧日本は私は嫌いです あんなに色んな国に侵攻してれば痛い目見るのは当たり前、何の罪の無い国民に被害が行くのも当たり前だと感じます 私は間違ってるんでしょうか、ちなみに私は日本産まれの日本育ちで生粋の日本人です 快晴の朝がたちまち地獄に。核爆弾が使えると分かった途端。核爆弾はいつか使うものだという共通認識が
生まれた」。ではなぜアメリカは。日本の中でも広島と長崎に原爆を投下する
ことにしたのか。この理由については議論が続く。しかし。原爆投下の
それでも。原爆投下当日には。万人から万人が亡くなったと推計
されている。広島と長崎の両方に原爆を落とされ。日本はついに降伏した。

「原爆投下理由」の再検証。このような状況のなか。戦後周年を前にアメリカでこの原爆投下にたいして
その行為を究 極的にスミソニアン協会はこの「原爆展」の企画書原案
においても。日本側からの視点については まったく時代の幕開け。核戦争の
到来を告げ。なおも引き続いて冷戦終焉後の現在においても。未だ先 行きの見
これによって「原爆が落とされなければ日本本土への上陸作戦がおこなわれ。
万人もの原爆のこと知っていますか。なぜ広島と長崎に落とされたのか。街や人びとはどうなったのか。原爆のこと。
知っ原爆が落とされるまで朝日新聞教育特集「知る原爆」から広島と
長崎の日本はアメリカなどと戦争をしていたんだ。アメリカは

日本だけではない。年月。世界で初めて原爆が広島と長崎に投下され。多くの人々が犠牲
となりました。年以上たった今も核兵器を開発するためには実験が必要です
。年。アメリカのニューメキシコ州で世界で初めての核実験が行われてから
。これまで,回以上の核実験が行われこのフォーラムは。原爆被害の実態
や核兵器の恐ろしさについて。日本から世界に向けて発信するだけでは米国は第3の原爆投下を計画していた。米国の計画では。発の原爆で戦争が終わるとは考えられていなかった。核兵器に
加え。日本の本土決戦が必要になるだろうと予測されていた。原子爆弾は強力な
新兵器とはなるかも米国が広島に原爆を落とした理由。74年前の8月6日。米国は広島に原爆を投下し。7万人以上を即死させた。3
日後には2発目の原爆を長崎にこの核戦争は第2次世界大戦の終結につながり
。世界史上最悪の章が終わった。 広島に現場が投下された経緯を振り返る。
マイアー氏によると。この時の日本は無条件降伏には応じない構えで。原爆の
威力を見せつけるだけでは不十分だとの懸念広島市議会は1958年。大統領
の座から退いていたトルーマン氏が原爆の使用について良心の呵責か

痛い目を見るのが当たり前と言いますが、であればイギリスだってフランスだってアメリカだって同じことしてるんですから。その違いは戦争に勝ったか負けたかの違いですね、勝てば官軍負ければ賊軍まぁそういうことです。らあなたの考えは偏見に満ち満ちています。当時の旧日本が嫌いだからでしょう。当時の旧日本の人々もその時代一生懸命生きていました。まだ、武士道が大手を振ってまかり通っていた時代です。民主主義よりお隣と力を合わせて助け合いながら生活していました。疎開もテレビドラマのような悲惨なものではなかったようですよ。少し、旧日本を見方を変えてみてはどうでしょう。いったい、旧日本の何がそんなに嫌いなのか。旧日本の時代の世界の常識はなんだったのか。旧アメリカの歴史も振り返ってみましょう。メイフラワーでの移民から始まり、フワシントンは東部のアメリカ原住民の手を借りてランスから独立しました。その後、西部へと開拓し、アメリカ原住民を蹂躙していきます。それが一段落すればアフリカで奴隷狩りをして、黒人奴隷を使って大農園を築いていきました。南北戦争で北軍が勝利し、リンカーンによって奴隷は解放されましたが、差別はなくなっていません。次にハワイを植民地として、そして州に組み込みました。カメハメハ大王は日本に助けを求めましたが当時の日本はどうすることもできませんでした。スペインとの米西戦争に勝利しフィリピンを植民地とします。次に欲したのは中国ですね。アメリカからの門戸開放?機会均等宣言は、教科書にも載っています。一番邪魔だったのが黄色人種のくせに白人のものまねをして、列強の仲間入りをし、白人同等に植民地を持って名誉白人だなどと名乗り、国際連盟でえらそううに「人種差別撤廃」を唱える旧日本でした。あなたの考えは正しいです。現在も宮城県ではカルト宗と宮城県警は、南京大虐殺の基本となる統治を実践して多くの暴走族バブル期前のなどが殺害されています。警察の身繕いに利用されているのです。日本はいまに沈没しますよ。1945年8月の戦況を考えるとそれは当たらないと思います。その時点ではアメリカは沖縄や硫黄島の占領を完了しています。つまり日本の侵攻を阻止することには完全に成功してしまっているのです。もし日本の侵攻がアジア全体を呑み込むほどの絶頂期で、対するアメリカの軍事力がすこぶる貧弱でとても真正面から対抗できず、状況を一発逆転する新兵器として核兵器が登場したのならばまだ話はわかりますが、事実は全く異なります。戦争をしている以上民間人に被害が及ぶことはあると思います。しかしそれを意図してやってしまったらそれは戦争犯罪です。戦争犯罪ならば命令した人、実行した人を捉えて裁きにかけるべきです。それをやられたからといって、自分達も戦争犯罪を仕返してもいいとう理屈は成り立ちません。それはただの復讐です。アメリカは核兵器の開発に数兆円の予算をかけていたので、実戦で使用せずに終戦を迎える訳にはいかなかったと言われています。核兵器を使用するにあたってのアメリカ側の口実は「戦争を早く終わらせたかった」「本土上陸作戦の犠牲を回避したかった」というものです。さすがに「報復です」「復讐です」「侵略の報いです」という言い方はしません。そんなことを言うと自分達の立場も危うくしかねないからだと思います。あんなに色んな国に侵攻してればといっても、先に侵攻していたのが欧米ですね。アジアで侵略されていなかったのは日本とタイだけでした太平洋戦争でタイは日本側。アメリカはスペインからフィリピンを2,000万ドルで買って、軍事侵攻によって植民地にしていた。マレーシア、ミャンマー、パキスタン、インド、バングラデシュはイギリスが侵略支配していた。インドネシアはオランダが侵略支配していた。カンボジアとラオスはフランスが侵略支配していた。インドネシアなどに日本が独立させてくれたと考える人々がいるのは、イギリスやオランダの単一栽培制度が奴隷制のようなもんだったから。フランスでテロが続いた事がありましたが、現在のイスラム圏を植民地にしていたので民族が混ざっていて、不満を持つイスラム系二世?三世がテロリスト化したものですね。発端は中国の奪い合いだと思います。①日本が清に勝って朝鮮の独立を認めさせる ? 大韓帝国の成立②ロシアが朝鮮半島を狙って南下③日本がロシアを撃退し、ロシアから南満州を得る ? WW2突入の素④日本が朝鮮半島を併合-日本がアメリカの植民地フィリピンを認める代わりとして、アメリカが日本の朝鮮統治を認める⑤満州に手を出そうとしたアメリカを日英露で阻止⑥満州で日本と中華民国の戦争が勃発すると、米英が中華民国を支援⑦支援を止めるため、フランスに了承させて最大支援ルート?フランス領インドシナ北部に駐留⑧鉄関連の経済制裁始まる⑨日本は東インドに資源を求め支配国オランダと交渉するが失敗し、オランダが米英側に寄る⑩再度フランスに了承させて物資補給のための要衝と考えたフランス領インドシナ南部に進駐?日独伊三国同盟もアメリカを刺激して石油が止まる?備蓄のあるうちに一撃食らわして有利に講和を進めようとするも、アメリカが予想外に強情でボロクソにやられる平地の広島/山のある長崎、ウラニウム型/プルトニウム型、大空襲を受けずに無傷で残っている街。新型兵器の実証実験だと思いますが。当時の日本は今の北朝鮮のよう → 日本は北朝鮮のように独裁国家ではないし、黙って一般人を国家ぐるみで拉致をしたりしない。核実験投下 → 核爆弾の実験のため色んな国に侵攻してれば → 具体的にどこの国ですか?何の罪の無い国民に被害が行くのも当たり前 → 例えると犯罪を犯した加害者の家族は家族が殺されても自業自得だということですか?間違っています。民間人の大量殺戮は国際法違反です。この単純な事実を知ってください。色んな国に侵攻してれば痛い目見るのは当たり前????真実とは異なるもの。本当の歴史を知るべき。教科書に書いてることはデタラメですよ。貴方の様に考える一人ですが、其れも戦後教育の賜物でしょう。それを良しとしない人が、占領憲法は破棄して自主憲法を制定するんだ!と言っては安倍君を躍らせている。でも国の防衛を考えると真面目に国民が議論をしなくては成らない時かもです。ゆっくりと時間を掛けてね戦争なんて皆自分が正しいと思ってるよ自分が正しいと思ってることを止めれるはずがありません。罰するものがないと。その点では逆にアメリカが正しいか否かは誰にも判断はできないと思います。だいぶ偏っているね。この本を読みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です