斜方投射2 弾丸を地上から角度45度初速度60m/sで発

斜方投射2 弾丸を地上から角度45度初速度60m/sで発。地球や弾丸の大きさや空気抵抗を考慮せず重力加速度をgとすれば、初速の垂直成分:。弾丸を地上から角度45度、初速度60m/sで発射したとき、地面に落ちるまでの飛距離と時間を求めよ また最大高さは何mか この問題を解いてください お願いします 大き。地上の点から小球を,水平方向と角度θをなす向きに 大きさ / ] の初
速度で投げる。重力加速度 点から初速, 水平と角をなす方向に $$ $
$ $$ 発射された弾丸が$=$ に到達したときの座 標 を求めよ。 弾丸
が放物運動初速と角度から計算。空気抵抗無く物体がある初速度と角度で打出される時の滞空時間。到達高度。
到達距離を計算します。弾道計測器等で計測した打ち出し角度を入力したら
かなり短い距離になった。弾道計算と放物運動はまったく別のものとして
とらえる

斜方投射2。最高点に達したときの水平距離 = θ 初速度 が一定のとき。
角度をどのようにしたら一番遠くまで飛ぶかを考えてみますと。それはこれは
つまり。 θ = ° のとき が最大となるということです。物体の高さは。今
は鉛直上向きが正で。 の高さから自由落下することに注意して式を立てると。

地球や弾丸の大きさや空気抵抗を考慮せず重力加速度をgとすれば、初速の垂直成分: Vy=60sin45°=30√2 [m/s]速度の垂直成分が0m/sになるまでの時間:T?=Vy/g [s]地面に落ちるまでの時間:T?=2T?=60√2/g≒4.33 [s]初速の水平成分:Vx=60cos45°=30√2 [m/s]地面に落ちるまでの飛距離:L=T?Vx=3600/g≒ 367 [m]最大高さは:H=1/2gT?2=900/g≒91.8 [m]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です