安楽死制度を考える会 今回の参議院選挙に安楽死制度を考え

安楽死制度を考える会 今回の参議院選挙に安楽死制度を考え。私も比例で投票しようかと考え中です。今回の参議院選挙に「安楽死制度を考える会」という会が出てきました これからの日本のために、安楽死制度を考えていくことは、非常に重要なことでは、ないかと思うのですがみなさんどう思いますか 参院。参院 選 国 比例 , から国民を守る党の選挙結果まとめを作り
ました。こちらはから国民を守る党が年の参議院の選挙にて比例で一
議席を獲得して以降の選挙結果となります。年も続けられたら続け安楽死制度を考える会。人生の一つの選択肢として自分の最後は自分で決めれるようにしたい。尊厳の
ある生き方と尊厳のある死に方を選べる事は安心感につながらる。比例。当確は。開票所での取材をはじめ。事前の情勢取材や出口調査などを参考にし
ながらが独自に判定するもので。開票率が%でも当確になることがあります
。選挙管理委員会による得票数の公式発表がなくても。最終的に当選すると判定

「諸派」から考える参院選「安楽死制度を考える会」の前身。前身は「支持政党なし」 参院選の日程が決まった翌日の月日。東京都内で
ある「諸派」が立候補予定者を安楽死制度を考える会?佐野秀光代表「安楽死制度。選挙ドットコムでは参院選の比例代表に候補を擁立している各政党?政治団体
以下。各党の代表?幹部に参院選の争点?政策や政治?選挙の意義について
聞く取材依頼を行い。取材を受諾した各党の代表?幹部に

私も比例で投票しようかと考え中です。反対の人って、美徳的な事ばかり考えていて現実を知らないんじゃないかと思う。先日、久々に田舎にある実家に行ってまず思ったのは、年寄りの町…。街を飛び交う訪問ヘルパー。聞こえてくるのは健康の話。そして74歳の父が、認知症の初期段階だと告げてきました。まだ全然症状は無いに等しいけど、これから悪化すれば、体は元気なだけに大変ですよ。本人も不安で仕方ないらしく月10万円かけて予防医療に取り組んでるみたいですが、お金が急激に減っているそうです。10年前は「子供の世話になんかならん」と豪語していた父の気弱な姿。しっかり者で現役の頃は随分稼いでプライドも高いけど、最後はまだ生きてるけどあの程度。今後、少子高齢化はさらに拍車がかかる。未婚率も上昇中。寿命は伸びている。身寄りも金も無い人が増える。病気で体が不自由で医療費がかかる。さらにボケてくる。そんな時誰がどうするのか、どうしてくれるのか。老人ホームで職員から暴力を受けて亡くなる高齢者もいる。高齢化は大変な局面に来てると思う。少ない若者が、増え過ぎた高齢者を支えてるからどんどん増税し保険料も上がる。いろんな問題が浮上してくるから、自分のタイミングで楽に死ねるなら、それも選択肢の一つと思う。にもいる。「先の見えない状況に絶望し、親子心中を考えるようになった」と 東京都の51歳男性はアンケートに記入した。母親が認知症になり、営業の仕事を辞めて介護に専念。母親は銀行で引き出した生活費を全て失くす。同じ話を延々と繰り返す。真夏に暖房をつけて熱中症で倒れる寸前になるなど、信じられない出来事が続く日々。男性は、いらだちが募り、毎日が地獄のようだったという。デイサービスを利用してはいるが、費用の面から、通えるのは週に3日だけ。徘徊のおそれがあり、ガスの元栓など火の始末の不安があるため、目が離せない。とても、仕事ができる状況ではないという。母親の介護が終わったとしても、その先をどう生きるのか―。将来を考える時、不安、という言葉では言い尽くせない、鬱々とした感情に支配されてしまう。男性は、「介護殺人」を他人事とは思えないという。今のままでは日本は認知症の介護で働き手もいなくなります。もちろん結婚も出来ず子供も産めず、です。私は将来の自分のためにも支持したいです。議論が一点主義の政党に意味がありますか?そうですね。制度の成否はどうあれ、考えていくことは重要です。個人的には、安楽死には賛成ですが制度化には反対です。不気味ですね。自殺しましょう会、粛清しましょう会ですからね。今でも悲しい事ですが自殺したい方は自分で決断して亡くなっています。そんな制度は不要です。悪用されることが目に見えている。税金使うわけだから、みんなが自殺や粛清の片棒担ぐということになる。日本はそこまで品性下劣な国になって欲しくはない。全ての人が寿命を全うする生き方に翻弄される必要はないと思う。個人的に、年金はどうでもいいから、60くらいで人生を終わらせたい。苦しみながら死を迎えるのは絶対嫌ですね。安楽死の選択ができれば素晴らしいと思いますよ。日本も真剣に討論してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です