宇宙の歴史 宇宙の歴史は0次元からはじまりその次がもう3

宇宙の歴史 宇宙の歴史は0次元からはじまりその次がもう3。それって古典ですよね。宇宙の歴史は0次元からはじまりその次がもう3次元+時間次元
点から線 線から面への進化過程は無かった 相対性理論を破綻させる「裸の特異点」は存在可能。これまで。次元以上の高次元空間については裸の特異点が存在する可能性が指摘
されていたが。私たちの物理法則が成り立たない場所が宇宙の中に存在して
いるのは都合が悪いが。そのような不都合な場所は。平坦な次元空間内に
ある次元曲面として描いた場合の反ド?ジッター空間
ゼロ除算/=の発見は 初期から ゼロ除算の発見時から。 歴史
的なものと考えて。詳しい過程を記録してきた 時間前宇宙の歴史。我々の知る宇宙は138億年前に誕生し。その宇宙宇宙も 年後にはブラック
ホールに崩壊し。蒸散する説が有力だが。ビッグバンから素粒子ー恒星ー銀河
ー太陽系惑星―地球の誕生 大きい画像を見る宇宙の歴史。時代と主な出来事。
上がると。より重いネオンやマグネシウムが形成され。さらにケイ素と。
次第に重い原子の原子核が次から次に。段階がは。自身の重力により膨張から
収縮に転じ。宇宙にある全ての物質と時空は無次元の特異点に収束すると考え
られる。

宇宙の歴史は04次元からはじまりその次がもう34次元+時間次。宇宙の歴史は0次元からはじまりその次がもう3次元+時間次元点から線 線から
面への進化過程は無かった?それって古典ですよね?膨張宇宙における観測者10次元までの世界を段階的に徹底解説。次元で全宇宙にアクセス。次元でもうつの宇宙へ…超弦理論ではこの世界
は空間の次元と時間の次元。計次元の時空で構成されているとされる。
しかしこの空間のおかげで。次元の超弦理論を用いて我々の次元空間を説明
できるようになったのだ。だが。その外に全く違った世界。異なる認識を与え
てくれる視点があると考えるのは。物理学者ならずとも胸弾むひと時であ
歴史的発見国際宇宙ステーションで“未知のバクテリア”が採取される!

次元とはなにか。で矢沢 潔, 新海 裕美子, ハインツ?ホライスの次元とはなにか 次元から
始めて多次元。余剰次元まで。空間と時空の近年では次元や次元という多
次元まで展開し。その存在がさらにつかみづらくなっている。第章 次元から
次元の世界へ第章 次元の世界第章 次元の世界第章 次元から次元時空へ
第章 姿を現した次元空間第章 ひも理論と多次元宇宙第章 人間次元から
始まり。次元。次元。次元までは。頭で理解できるだろう。最短時間で
届く

それって古典ですよね?膨張宇宙における観測者は、収縮するし時計の遅れもあるという天動説から地動説のようなコペルニクス的転回が必要だ。 時計と時間を同等視し観測者を特異点にして時空を一体に取り扱えば、対称的に観測対象にも特異点を生じる。 この古典力学と古典的な時空間に固有の仮定の多くを取り除かなければならない[18]。 実際の観測者の時計は点ではなく、観測対象との相対関係だけでなく、観測者も観測対象も全宇宙の時間と相対的に関係しているので、時間の流れは非対称で因果律が成立している。「宇宙の歴史は0次元からはじまり」というのは正確な表現ではないと思われます。次元数とは「存在する次元の数」ではなく、「考慮する計算に入れる次元の数」だと思います。宇宙が「大きさのない一点」から始まったとしても、それは「縦、横、高さ、時間ともゼロであった」ということです。たとえ「ゼロ」でも、4つの量を考慮しているのですから、「0次元」ではなく「4次元」だったのです。仮に百歩譲って「ゼロ」を次元に含めないこととしても、「一点」であった宇宙が「太さのない線」になったり「厚さのない面」になったりした時代は考えられませんので、「点から線 線から面への進化過程」はありえません。私は宇宙の歴史で0次元から初めがあったとは思えません。科学では空間に初めがあって広がっているような事にしてますが、空間もなければ0次元も言えます。そして広がって3次元まで表現出来ます。ところで私は時間は物質の変化する状態と見て、規則正しくリズムを刻む事で時間の単位になっている訳です。空間だけでは時間がないのと同じです。物質があってこそ時間になっているのです。科学では空間と一緒に物質も現れているので、これで時間が初めがあったとも言えます。しかし私は空間も物質も元からここにあっただけで、物質全てで広がりと集まりを繰り返して来た考えをして来ました。自ずとこれで、あなたの言われている次元の回答は出る物と思います。こういう事ですが、私の考えている宇宙で回答したものを参考に載せてみます。なおページが見つけられませんという事で出るのがあるのですが、それは下と入れ替えて見て頂ければと思います。ところでブラックホールは今までは直接見えてませんでした。超重力で空間を引き込んで光さえ出られないので、黒くしか見えないとされてましたが、この黒い物が見えてなかったのです。それで間接的に周りで起こっている現象を捉えていて、今やジェットが出ている物でさえブラックホールがある原因と言われるようになってます。光さえ抜け出せないのに、何ぼ傍からとは言えジェットです。それで科学でも何だかバツが悪いのか、直接見える物を出して示そうとしていたのです。それがニュースでも見られたかもしれませんが、周りが光で囲まれて、内部が黒くなっている写真です。ところで実はそれがブラックホールではなくて、単にそこに物質もなくて、空間だけかもしれないという事はあるかもしれません。さて銀河の中心に普通にブラックホールがあるとされてます。これは光さえ抜け出せない超重力だと言われているので、中央が大きく光で膨れ上がっているのは想像を超えてます。ここがドーナツの穴のように暗くなっている方が気に合ってます。しかし現状は全く想像を超えたものです。こういう事なので、光で大きく膨らんだ更に中に、本当は黒い点でも、あるいは今回のように写り方でも良かった物があればという事で、科学が調査を続けていて、この努力が報われた事になってます。周りが明かりで、その中に黒だけの部分で写っているので、これがブラックホールで見えたものだとしているからです。ところでブラックホールを直接撮影としてますが、単に何もない空間だけの可能性もあるのではないかと思える事です。ブラックホールが見えない状態なのが、周りの光に囲まれた黒の部分が、ブラックホールを撮ったものと言う事です。ところが光を出さないのは、そこに物質がないので光る物も存在してない可能性もあります。銀河が回転してますが、例えば台風などは回転が外に伝わって行くのには,周りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が空いてます。それが銀河の中心に超重力のブラックホールがあるのでは、可笑しいです。回転が外の方に伝わって行かないのではないかという事です。即ち全てがブラックホールの方に引かれて行くだけになりそうです。回転が外にまで同じような速さで伝わる為には、台風の例のように全体に重さが均等になるようになって、そして中心では穴になるように、この部分が軽くなる状態でなければならない事になります。それで中心にブラックホールがあっては困る状況です。これは今回明らかに見えたとしても、空洞である可能性が見えているかもしれないという事です。さて科学では銀河が出来上がったのは周りの物質が集まった事が原因です。これですが、太陽が外の恒星と一緒に銀河の中心を軸として回っている即ち公転をしているのですが、果たしてこれで黙っていても公転出来ていられるでしょうか。物質が色々な方向から集まって来て銀河が出来る関係を考えると、来る力はベクトルという事では、どこかに一方方向に回す力が働くでしょうか?ピッチャーが球を投げる時に、指で球に意識的に回転を与える事で回転になります。銀河全体にこれを回すような意識でも働いたのでしょうか?いずれにしても全体、しかも上も下も右も左からも何処からも来る大量の物質の群れです。これでは全体が団子にでもなるようなものです。平らになる事さえ考えられないかもしれません。このようにして銀河自体の成り立ちも怪しいのです。さてブラックホールが出来ている理由です。恒星が出来て来たのは、周りの物質が集まってです。一緒に惑星も出来てますが、要するに科学では空間が現れて広がっているとしているのですが、この時に物質も現れて空間の広がりに引っ張られて行ってました。これで恒星になる為に物質が集まらなければならないのです。それで超強力な重力の引付の為にブラックホールの存在を当てたのです。加えてこれは空間を引き込むので、広がる空間に対抗出来ます。 ところがブラックホールが出来る為には、物質が大量に集まらなければなりません。何か変です。集まる物質の為に必要なブラックホール、しかし物質が集まらなければこれが出来ない。この存在は出来ている原因自体に無理が掛かってます。光さえ抜け出せないと言っていながら、周りでは摩擦を起こしてエネルギーや光を放出していて、しまいには何とジェットまで噴き出ているという事になってます。さて私の考える銀河で、内も外も同じような速さで回っている事です。これは銀河が最初から塊であったのです。これで回転の内に、外に恒星を散らして行って渦状等になってます。それで元の銀河の塊の回転が変わらず、何時までも同じ速さで回り続けていた事が原因になります。この速さで出て行く恒星を送って行ったのです。ところで私の思考で銀河が最初から熱の塊、即ち光の塊でもあったので、今回ニュースで出されて写真は何もない空間だけに見えます。それで私のような主張が通る理由もないようです。しかしここでも台風の例ですが、私の説で銀河が回転の内に外に恒星を流し出して行くのですが、それが出る恒星の多さで引かれて台風のような状態になって行くと、中心が空洞の穴だけになりそうです。元に核として塊があったのが、段々とこれがなくなって行って、仕舞に空洞だけになりそうです。それでその写真のような状態でも可笑しくない事になります。ちなみに科学ではジェットの原因をブラックホールに託してますが、私はジェットは私の思考の恒星に膜状態がある原因と考えてます。即ちこれに穴だけ開いて、そこから内部の圧縮されたガスが水鉄砲のようにして飛び出た想像です。この勢いの力が逆面にも起こって、両方向にジェットが起こっていると思われます。これはカンナの場合、刃を下方向に下げる時に、逆側の木の部分を叩いても下に下がるという事です。即ち噴出する力は、同時に逆側にも働く事があるのです。もしこれが一方的の方向だけですと、回転になってパルサーのようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です