姉川の戦い 姉川合戦に関するほぼ全ての本で織田徳川軍の総

姉川の戦い 姉川合戦に関するほぼ全ての本で織田徳川軍の総。戦国時代の合戦の兵の動員数は、主に、戦前の陸軍参謀本部がまとめた、日本戦史のデータに基きます。姉川合戦に関するほぼ全ての本で「織田徳川軍の総兵力は浅井朝倉軍より多かった」と書かれておりますが、これはどの史料を参考にしたものなのでしょうか
私が知っている中で、明確に織田徳川 軍が浅井朝倉軍より多く書かれているのは『甲陽軍鑑』しかなく、またこの史料は信憑性に欠ける史料なのでとても不自然に思います
「織田軍が数で有利であった」と分かる史料、または両軍の総兵数が明記された史料を教えていただけると嬉しいです 姉川に家康が参戦していなかったら。織田信長が浅井軍相手に苦戦する一方。徳川家康が朝倉軍を破り。最終的に織田
?徳川の勝利となった姉川の戦い。では。もし家康が同陣せず信長単独で戦っ
ていたら。合戦の行方はどうなった? [投票実施期間]~
年月日 信長単独でも兵力は勝っており。ほぼ史実通りに織田軍の大勝利と
なった。 %キャリア公式サイト「戦国のすべて」 ページの

姉川の戦い。姉川の戦い 元亀元年1570年 織田信長は同盟を破棄した浅井長政を
攻めるため。6月19日に西美濃から近江雪の姉川古戦場跡浅井?朝倉軍
18.000人で対する織田?徳川軍29.000人が姉川の両岸に布陣し。
合戦を展開した。浅井歴史民俗資料館には浅井三代に関する資料が常設展示
されている, 陣田 28日未明。浅井長政は大依山より開戦地 合戦場の
ほぼ中央にあって。東軍の福島正則が井伊隊の旗の動きを見て。先陣の功をと
られてなるものかと姉川合戦に関するほぼ全ての本で織田徳川軍の総兵力は浅井の画像。姉川の戦い義兄弟?浅井長政の討伐に乗り出した織田信長の。元亀元年織田信長?徳川家康の連合軍と浅井長政?朝倉義景の連合軍が
。近江国姉川の流域で激しく衝突しました。この合戦は姉川の戦いとして知られ
。浅井氏?朝倉氏の滅亡のキッカケになったともいわれています。天下人を
織田軍の来襲に備えた浅井?朝倉連合軍; 浅井家の居城?小谷城が攻撃される;
姉川を挟んで両軍が激突! 合戦後の影響信長は浅井家との同盟成立を喜び。
本来は浅井家側が用意する結婚資金をすべて負担したといいます。義弟と

「姉川の戦い1570年」信長。同年の月中旬。北近江の有力国衆であった堀秀村ほり?ひでむらが。浅井方
から信長方へ寝返るというのです。 浅井攻めをすると浅井長政は総軍千の兵
を率いて。小谷城を出陣。このときの兵力は。浅井?朝倉軍がおよそ万千。
対する織田?徳川軍は万超だったといいます。

戦国時代の合戦の兵の動員数は、主に、戦前の陸軍参謀本部がまとめた、日本戦史のデータに基きます。その参謀本部のデータは、領内への動員の触書などが、現存している場合は、それらを参考にし、ない場合は各勢力の領土の収穫高に合わせ、動員人数を推定したものであり、必ずしも、正確な数字かどうかは定かでありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です