勉強しない子が 子供が勉強でズルをしていたらどうしますか

勉強しない子が 子供が勉強でズルをしていたらどうしますか。裏に答えがあって、はやくやらなければ叱られる、怒られる、バカにされると追い立てられる状況で、お子さんがやった行為は普通のこと。子供が勉強でズルをしていたらどうしますか

小1の娘が、計算カード(単語帳のようなものにかかれた足し算引き算で、表に式が裏に答えが書かれた物 式を読み上げ答えを言いながらめくって いってタイムを記録する)で、答えを言う前に少しめくって答えを見る、というズルをしていました
タイムを測っているときに、指も使わず妙にスラスラと答えているのを不審に思って手元を見たら発覚した次第です

どうも担任の先生から「夏休みまでに全員1分台を目標にしましょう」と言われたらしく、娘は現状3分以上かかっているためにズルを思い付いたようです

滅茶苦茶叱りました ズルしてタイムが速くなっても何の意味もない、速くなりたきゃ宿題以外に何回でも練習するんだ、と言いましたが、果たして伝わったかどうか

娘はあまり勉強ができる方ではありません 早生まれなこともあるせいか、万事ノロノロしていて文字の覚えも遅く計算も遅く、今話題の「読解力のない子」を地でいっています 体育もできません
これまでに知能検査や発達障害のチェックには引っ掛かったことはなく、情緒は安定しており社会性は普通だと思います

私が子供の頃は早熟タイプ故の優等生で、少なくとも小学校の勉強ではほとんど苦労しなかったために「何でうちの子は…」と思うこともありますが、娘には真面目で優しく(お友達に悪口やケチをつけることはしない子です)、素直で根気よく努力できるという長所があるから少しずつ前進できると堪えてきました

少しでもできたところや、得意な工作や生活科の観察ノートは褒め、苦手なことや間違えたところは娘の好きなキャラを使ってオリジナルの問題を作ったり、一緒に教科書を見たり、かけっこや縄跳びや鉄棒は私も一緒にやったりと気長に付き合ってきたつもりです

そこへ来てのズルがショックすぎて 娘の長所である誠実に努力できるというところまで無くなったと思うと私のモチベーションも折れそうです
夫は忙しくあてになりません 休日に頼んでも「まあ何とかなるんじゃないの 」と、勉強にも運動にも習い事にも付き合わず、自分の休養と睡眠が最優先の人ですので、私が動くしかありません

いっそ、できなくてもズルをしても放っておいた方がお互いのためになるのでしょうか こんなところで親子して躓いているのが情けないです

親の気持ちを保つためにできること、1年生から勉強で苦労している子を伸ばす方法を教えていただきたいです
よろしくお願いします 賢い親はやっている。やる気になったことを褒め。計画を自分で立てさせてあげましょう。そこで親が
命令してしまうと。せっかくのやる気を潰してしまいます。 <終わったら宿題を
見てあげる> 宿題

子供が簡単に簡単に嘘をつく。小学生や中学生の子を持つお母さんから「子供が嘘をつく」といった相談を
受けることがあります。特に。中学受験に向けた勉強をしている小学生が答えを
写すといったケースでは。親の注意が必要です。 今回のご相談; なぜ子供は
ウソをつくのか? 答え丸最近過去問をはじめましたが。ずいぶん得点してる
なとノートを見てみれば。計算も式も何にもない。そのズルを見抜けずに。
褒めたり。「ウサギだ」なんて話してたら。楽ができて。褒められればいうこと
なしです。勉強しない子が。小学生の頃に。勉強嫌い→そこそこ勉強はする。生徒だったらあれだけの苦労は
しないで済んだのでは。と。 学力差は成長母は寝る前の読み聞かせはしてくれ
ましたが。宿題などの確認は一切せずに子供に任せていました。 低学年の間は。
宿題はするものだ!と思っていましたが。成長するとともにずる賢さを得て。
完全に手抜きモード全開。 親に叱た。 小学,年生から親が悪い意味で勉強
に対してノータッチだと。その後軌道修正することは相当困難です。

子供が勉強でズルをしていたらどうしますか。いずれかを含む。子供が勉強でズルをしていたらどうしますか 小の子どもが宿題の答えを丸写し。親が家にいるうちに。つまり前夜か朝のうちに子どもと話し合って「今日やる
課題」を決めてあったとします。 それで。帰ってきてみたら。「やってない」
ならまだしも想定の範囲内ですが。「答えを丸写ししてあった」という事態に
なったらどうしますか?にご迷惑をかける。たとえばお友だちへの暴力。器物
破損。あるいは危険なこと火遊びなどのような。人としてやってはいけない
たぐいのことなどではなくて。勉強をするしないは単に自分自身の問題です。わが子が「嘘をつく」「ズルをする」。田中氏が考える子どもの心の鍛え方について。詳しく教えてもらった。 イライラ
して投げ出す子。誤魔化す子 ある小学校の低学年担任

自ら机に向かう子の親が欠かさない習慣。難関大学の学生の多くが。「小学生時代に親に勉強しろと言われたことがない」
と話す。彼らは親に「早く勉強しなさい!」などとうるさく言われなくても勉強
したということだろう。現役小学校教諭の著者が語る。自ら…「答えの丸写し」は親が気づけば「大丈夫」という3つの理由。確かに。カンニングや自宅学習中の丸写しは初期対応が大事だといいます。クセ
になったりもしダラダラちんたらやる気なさげに勉強していたので注意したの
です。しばらくすると。娘は何を考えているのか その後。塾だったり。周囲
だったり。本だったりから「子どものズル」情報を集めたわけですね。一方で
。写したら最後。受からなくなるのが過去問です。これについては

息子のごまかし?うそ?ずる。た。 担任の先生からこういう連絡が来ると。親としてはとても心配になります
ね。今の大人にしても。子どものころはけっこうごまかし?うそ?ずるをし
ていたのですが。すっかり忘れているだけなのです。 子どものテストや宿題をカンニング。今回は。小学校の子どもがカンニングしてしまう理由や心理。親としてどう
したらいいかを考えます。ある日とつぜん。わが子が「テストでカンニングし
ていた」「宿題の答えをうつしていた」と知ったらどうしますか?勉強が面倒
」「ズルして自分だけいい点を取ってやろう」という悪意はないのにカンニング
してしまう場合。少しママやパパの接し方を見直した方がいいことも

裏に答えがあって、はやくやらなければ叱られる、怒られる、バカにされると追い立てられる状況で、お子さんがやった行為は普通のこと。当たり前のことです。そもそも、計算カードをはやく出来るようになんて指導がまったくだめな指導です。パッパと答えが浮かぶようにするということは、考えるという工程を飛ばすということですよ?なんでこれだけ計算バカばっかり育って、文章問題は苦手、読解力がありませんなんて子が量産されるのか考えてみたらわかりそうなものですけどね。うちは小学生のうちは計算スピードはビリを目指そうと言い続けています。九九もパッとでなくても導き出せればいいと。7×6 が出てこなければ 7×5に7を足してだせればいい。学校の宿題は禁止、一切させませんし、先生の了解をいています。単純作業の繰り返しが子どものストレスになり、考えない習慣が身につくからです。それ以外にも理由はたくさんありますが代わりに週に1時間程度の家庭学習をするほかは、基本的に毎日遊び放題です。「ゆっくり」は才能です。多くの子どもたちがゆっくり考えることが出来ません。学校の優等生たちは習っていない文章問題は見た瞬間に「わからない」「ならってない」「何算?」と言います。九九を覚えていなかった長男は小3の終わりにこんな問題を自力で、ノーヒントで解きました。 計算スピードはビリから数えた方がはやかったです。<S1級-20>★★★★★★今日はろくろっ首のお菊さんとのっぺらぼうの大吉の結婚式です。日本の妖怪なのになぜか教会で式を挙げるそうです。2人の両親と友人の妖怪が教会の長椅子に座る時、3人ずつだと4人が座れず、4人ずつだと長椅子は3脚も余ってしまいます。教会には何人の友人が集まったと思いますか。私は子どもたちの考える力を育てる教室をしていますが、きっとお子さんは私からいたら賢い子、学校に潰されずに守り育てれば高学年から賢さが周りからも認められる子計算バカたちは4年生頃からビックリするほど零れ落ちていきますからになるでしょう。でも親がダメだと思い続けていれば、ダメな子になっていくでしょう。そもそも、1分がおかしい。ちゃんと答えられれば良いじゃん。お母さんは信じてあげて下さい!私の娘は言語力が悪く療法士にかかってますがそちらの先生も算数カードの1分の壁に怒ってました。それをキッカケに更に吃音が酷くなる子も居たそうです。私は娘に焦らなていーよー!って安心させましたよ!因みに娘は寝っ転がってスカして見てましたが www10年以上前に息子の計算カードで苦労したことがあります。繰り上がりのない足し算や繰り下がりのない引き算ですよね。量が多いので大変なのかなとは思います。私もタイム計ったことありますけど、めくるのも大変ですし早口言葉みたいで結構大変ですよ。手本を子供に見せましたけど、上の子の時には30秒台でしたが、10年後に歳とってから下の子のときには1分以内ギリギリでした。姪も苦労しましたが、現在理系国公立大に在学中で大学院に進学予定ですから、小1の計算カードが嫌いくらいで心配する必要もないです。ちなみにこの姪は割り算にも躓いてました。我が息子に関しては残念ながら学力は全般的に残念です笑反省点も含めまして、もう一度息子みたいな子を育てるとしたらどう取り組むのかを書きますね。まずは+1だけやるこれを一週間次の週は+2を追加するこれを一週間次の週は+3を追加すると少しずつステップアップしたらいかがでしょうか?ズルをしたことを叱りたい気持ちはよーーーくわかりますが、お子さんがズルしなくてもいい方法を見つけていくしかないですよね。※質問がダラダラと長いので、最初のほうだけ読んでの回答です。別にカンニングのレベルじゃないので、そこまで目くじら立てる問題じゃないと思います。私の知っている50歳のおっさんみたいに常習的な「ウソ」をついたわけじゃないから、その程度をズル呼ばわりするのはいかがなものかと思います。そのおっさんは「それは担任教師のほうが悪いとしか言えませんよ、???」云々というウソ、デタラメな回答をしているので無視しましょう。ズルを知恵と解釈して一旦ホメましょう。そのうえで答えを先に見るルール違反はよくない旨を説きましょう。そもそも、小1で計算カードでタイムを測らせているのが、おかしい。今の小学生って、そんな学習法なの?それとも、その小学校や担任が、おかしいの?…………………………あと、早生まれかどうかは関係無いですよね。同級生で、2月や3月生まれでも、勉強ができてて、学校の先生になってる人居ますよ。…………………………とりあえず、ズルをしたのは、しっかり叱ったのはOKだったと、個人的には思いますよ。放っておいて良い事例もありますが、ズルや、人に迷惑をかけたり、危険なことに関しては、別です。勉強に関しては、子どもがやる気にならない限り無理です。あなたが寄り添うくらい…ですかね?…………………………あと気になるのは、旦那さん。我が子ときちんと向き合わないなんて、論外!それは担任教師のほうが悪いとしか言えませんよ、どうしてかと言えば勉強は早さを競わせるのでは無く答えの正確性のほうを競わせると私は定義しているからです。分かり易く言えば私の孫の1人も小1ですが担任教師の指導の仕方が違っているらしく孫たちは計算カードの計算をした内容をすべてノートに記載、その後で裏に書かれている答えを見てどこが違って居たか計算ミスをした所は正しいような答えを導き出した計算方法までノートに記載させると言ったような指導法で答えの正確性のほうを求めてくださっているのです。さらにテストで成績が悪ければ何を見てもいいから100点の答案を作成させるような学年まで存在していたとか、それはおそらく中学年以降の学年だと思いますが低学年に関してはこのような課題を出さないとも次女夫婦からの解答で入手していますのでさすがの私も新たなる孫の成長を期待するような先生の1人でも有るのです。お子さんが良いところがないから嫌いになるのでしょうか?ちょっと子供に完璧を求めすぎではないですか?ご自身が優等生タイプだったからといって、お子さまとは別人格なので、「何でうちの子は、、、」という考えは危険です。親であっても他人と比べて悪いところを見てため息つくような考え方は、可哀想だなぁと思います。ご自身がやられても嫌ですよね?「あなたは?ちゃんより算数できないわね、?ちゃんは百点、あなたは98点なんて、、、」「あなたは△ちゃんより可愛くないんだから、親の言うことぐらい聞きなさいよ」など、親から言われたら、思われていたら、、ご自身に置き換えても嫌ではないですか?誠実なお子さんでも、ちょっとしたズルをしてしまったりはありますよ。勉強はできなくちゃいけない、でも自分はできない、要領が悪くて焦ってずるしてしまう。あり得ることです。ずるを見つけた時に、親がどのように指導してあげたかが、今後もズルしてしまうのか、今後は誠実でズルしない子になるのかの分かれ道な気がします。「ズルをして1分になるよりも、頑張って努力して3分を2分にする方がずっと素晴らしい事なんだよ」「1分にしたいなら、たくさんお勉強しなきゃいけないね。ママも付き合うから、頑張ってみる?」とかで良いのではないですか?親の気持ちを保つためとか、考え方が違うなと思います。ご自身とお子さんは違う人間だと言うことをまず認めてあげてください。ご自身を含め誰とも比較しないでください。その上で、お子さんができる範囲で、一緒にお勉強してあげれば良いのではないですか?お悩みのところ申し訳ないけど、そんなこと誰でも1度はすることです。そこまで悲観的になる必要ないのでは?犯罪行為をしたわけでもないですし。うちの子もちらっと答え見てスラスラ言えたってドヤ顔してましたよ笑ママは知ってるからね~とは言いましたが、厳しく叱りつけることはしませんでした。叱っても、本人が悪いと思わない限り次はバレないようにこっそりやるだけです。ママはズルしたらすぐ分かるし、それで言えててもテストで点数取れないよ、と言ったら納得してました。子供って大人が思うよりずる賢いです。悪知恵だけは1人前働きます。そんなとき、ただ悪いことをした!と叱るのも大切かもしれませんが、本人が困るというのを身をもって分からせるしかありません。うちの子も勉強苦手で1年生から度々つまづいていましたが、宿題は必ず横で見てあげて、気長に教え続けてます。今小2ですが、やっと足し算がスラスラできるようになりました。本人もできるようになってくると、楽しそうにやってくれるし、成長したな~と感動したりしてます笑うちも早生まれで、生活面でも遅いけど、ゆっくりゆっくり成長してくれればいいなと思って子育てしてます。それに、足し算なんてほとんどの人が大人になればみんな出来ます。そんなに今から焦る必要はないですよ!担任の先生は「1分台にできるとかなりすごいね」という意味で言ったのだと思います。「全員1分台にしなさい」という意味ではないと思います。1分台にしようと努力することが意図であり、1分台でないからどうこうって話じゃないと思います。それをまずお子さんに伝えてあげてください。先生の意図が全く伝わっていません。意図を含んだ言葉を聞き取れていません。先生は余程「うわぁ…」な、信頼できない先生でない限り、クラス全体?つまり個々ののレベルアップを望んでいる筈です。ズルをしてそれがばれなきゃしめたものだ、と思ってしまうと、今後も「ズルをすれば自分が楽して気持ちよくなれる」と思ってしまうかもしれません。ダメなものはダメだときちんと教えた方がいいと思います。しかしだからと言って、本人にとって苦しいことを生真面目にやれやれ言っても「勉強は辛いし怒られるし分からないしやりたくないもの」になってしまいます。ズルは絶対ダメだとしながらも、結果的に単語帳計算カードの回答がちゃんとできればいいと思います。その為には単語帳計算だけではなく、元々の計算の理屈そのものが出来なくてはなりません。教科書やお子さんのノートを見て、基本計算の仕方の中でどこに躓いているかを見極めて、そこを徹底的に練習するといいと思います。本当に数量が苦手な子は、ブロックタイル10個を並べて「これが10だ」と認識できない子もいます。10は「1と9」「2と8」「3と7」…とという10の分解が分からなければ、31+1は分からないわけです。10の分解が分かり、尚且つ繰り上がり?繰り下がりの理論が分かっていますか。分かっていない子にいくら単語帳を与えても、全く分からないのは道理なわけで、もっと手前の基本的な事を沢山体験させないといけないわけです。うちはゲーム風にしてますよ。机にズラーッと並べて、カルタみたいにしてください。どのカードからやってもOKで、指をさして答えを言う。正解したカードだけ私が回収してます。なので完璧に答えられないと、机からカードがなくなりません。カードをひっくり返さないので、答えも見られません。わかりにくいものは、小声でリードしてます。例えば12?6なら、私「10から6を引いたら?」うちの子「4」私「4にあと2足したら?」うちの子「6だ」私「正解!」すぐに答えられなかったカードは、繰り返しやるようにしてます。お気持ちは分かりますがそこまで深刻に捉える必要はないですよ。子どもでしたらそれくらいは当たり前にやってしまうことです。気付いたならそのままにせずに叱ってよかったとは思いますが、それ以上は不要だと思いますよ。それよりも心配なのはその計算カードの取り組み、特に「夏休みまでに全員1分台を目標にしましょう」というのがお子さんにとってプレッシャーになりすぎているのではないかということです。もちろん計算はある程度スピードが付いているほうが計算力のある証拠とは考えられますが、あまりにも時間を意識させすぎるとそこがプレッシャーとなりズルする方向にいったり、正確さよりもとにかく速くという方向に気持ちが行ったりしてしまいがちです。もしそのような傾向が感じられるなら学校の先生と一度話し合われたほうが良いと思いますよ。ズルできない100マス計算をやらせたら?カードを読み上げることに意味はないんだから。どうなんでしょう???そもそも1分台でできそうな枚数なんですか?要領良くできる子と、拘りがあってゆっくりな子がいるんですよ。計算力だけの問題じゃ無いんですよね。カードの捲り方はどうですか?パッと捲れます?丁寧に捲りたいだけかも知れないですよ。早い子っていうのは「3足す6は9」って言いながら捲る準備してます。言い終わってから捲るタイプの子だっているんです。のんびりやさんなのか、不器用なのか、そういう子もいるんです。滑舌が悪かったり、4を「し」と言うか「よん」と言うか悩んでいたりもあるのかも。カードって白い紙に黒で書いてありますよね?集中していると目がチカチカして来ませんか?いろんな要素が絡んでると思うんですよね。単に算数、数字、計算が苦手っていう訳じゃないと思います。ハイスピードな子って、カードの扱いが雑で傷んでいるかも。もしかしたらカードを数枚紛失しているから早いのかも知れないし。うちの子もズルをしていたので見張ってます。笑引き算ですが、6分かかります。うちの子も読解力がありません。数学も足し算はわなるのに、6+??=8とゆう問題とかがわかりません。主人は算数はいつか解き方がわかればわかると言っていましたが…始まったばかりの算数でつまずいてて大丈夫なのかと思います。チャレンジをやっていますが、学校の勉強より気持ち先をやっているので、わからないので毎回教えてるし、教えてもわかってもらえません。チャレンジをやめて塾に通わすか悩んでいます。状況を精査する必要があると思いますがこの宿題は良く無いと思います。お子さんが自分で読み上げて自分でめくるのには反対ですね。タイムを測るとなるとめくり急ぐ事も当然です。自然と口と手が同時に動く事もあるでしょう。それならばズルでは無くてシステムに欠陥が有ります。親が読み上げて親が答えを確認するのが正解です。親の手間を惜しむ云々の話は別にしましょう。計算のタイムを測るのも愚かな宿題です。努力した結果、目標に対しなくても仕方ない。努力せずに諦めることは、子どものためになりませんよね。でも、無茶苦茶叱ることはないとは思います。たわいない、子どもの浅知恵です。子どもがズルすることを重く考え過ぎない方がいいと思います。確かに、みんな出来る中、自分だけ出来ないのとか想像したら怖いから、逃げたくなっちゃうよなぁ?って共感する部分はありますし。その気持ちは分かるってことは伝えてあげつつ。努力をすることを諦めたら、もしかしたら出来るかもしれないことまで、諦めてしまうことになるから勿体無い、とりあえず頑張ってみるということは自分にとって、とても大事なことだと教えてあげるのはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です