創価学会はなぜ社会から嫌われるのか 創価学会が批判されて

創価学会はなぜ社会から嫌われるのか 創価学会が批判されて。創価学会は学会員以外を邪だとか言って、寛容でないし、選挙の時になると邪呼ばわりした相手を利用しようとします。創価学会が批判されてる理由は何だと思いますか 大きな宗教団体はみんなアンチがいる エホバの証人 キリスト教 創価学会が批判されてる理由は何だと思いますか。いずれかを含む。創価学会が批判されてる理由は何だと思いますか 大きな宗教創価学会が会費無料で活動できるカラクリ。日本を代表する新興宗教として。大きな勢力を持つ創価学会。その組織が持つ
ものとして広く知られるのが「聖教新聞」と「公明党」である。このつは。創価
学会の拡大にどんな役割を果たしてきたのか。宗教学者の島田創価学会はなぜ社会から嫌われるのか。「創価学会はなぜ嫌われるのか」というのが。本稿のタイトルである。そこでは
。創価学会が嫌われているということが前提になっている。確かに。世の中には
創価学会のことを嫌う人たちがいる。忌み嫌い。創価学会な…

創価学会はなぜ非難されているのでしょうか。自分の体験だけ書きます。 わたしは特に宗教のこだわりが無く。無宗教でどこが
特に好き嫌いは無かったです。 結婚するまで「創価学会」の名前すら知りませ
んでした。 ?結婚を前提に旦那と一緒に住むことになったのですが。新しい賃貸創価学会。世間が批判ムードになるのもこの頃から。 *生活苦や孤独と戦う庶民のための
宗教。という性格。でも一方で。信心により豊かになった信者の中

創価学会は学会員以外を邪だとか言って、寛容でないし、選挙の時になると邪呼ばわりした相手を利用しようとします。創価学会は大嫌いです。エホバの証人は、ひどい洗脳で信者をこの世の様々な事から引き離します。この二つの宗教団体は危険な団体です。前提として与党公明党の支持母体であり人数が段違いに多いから目立つ。いくつも考えられます。それに付随していくつも考えられる。?ひと昔前は勧誘に熱心だったからだと思う。今は逆に「入会するのが厳しい」という時代。人は経験の生き物だから、昔に過激に勧誘された人はいないとは思わない。アンチ創価さんの意見を聞くと「いったいいつの話なのか?」と思うことが多いです。?政治的な活動家の方々にはアンチ自民党や公明党などの反政府の方が大勢いる。その方々は無条件で支持母体の創価学会は嫌い。?ネットで批判している人は批判記事ばかり読むから尚のこと多い気がする。?対立宗教の人がここぞとばかりに批判を繰り返す。エホバの証人さんやキリスト教さんのアンチも大勢いますが、日本では絶対的に人数が多いから目立って当たり前だと思います。そろそろ気が付きましょう教義そのものの批判はできずありもしない事、関係のない枝葉の事をバレバレの成りすまし達や、嫉妬に狂った無知無学、偏見邪見のやからがイメージダウンを計るために、低俗な投稿をているに過ぎないのです陰険な批判に、踊らされるサルもいないでしょうが宗教に疎い人達は、先入観として、記憶に残っている人もいるかも知れません何が本当か嘘か、良く、良く調べればわかる事ですその教義を読めば、実績を調べれば、簡単に分かる事ですほぼ法に抵触する迷惑行為や犯罪被害者などです。公明党を使い、犯罪の事実を記載すれば削除攻撃など違法な弾圧をしているので中々に表立ちません。迷惑行為や犯罪被害者はアンチとは言いませんし、あれはアンチなどと捏造により正当化をしているだけです。日本での創価学会の規模は圧倒的ですからね。まぁ、敵も多くなりますよね。テレビと新聞を使って都合の悪い情報を隠蔽するのは創価学会だけだからじゃないか?上は政治、下は宗教と世論を操作する集団であることを下の者たちは知らない。弱者擁護としての活動も含んでいる為、疾患を持つ人にも宗教的な勧誘をするが、宗教性は日蓮宗でありながら創価学会は御本尊の所有権を主張して破門されている。簡単に言えば作法を正さず、法華経を唱える信頼を失っているのに新しい信者には隠している様子だ。結局は公明党有利政策の為、無知な信者に選挙の時、サクラ招集とか、誰に入れるべきかを教えている集団、政治団体であると私は思う。でもこれって選挙法に引っかかってるんじゃ無いかって思ったりもする。宗教はどこも似たようなものです。新約聖書マタイ福音 13:49世の終わりにもそうなる。天使たちが来て、正しい人々の中にいる悪い者どもをより分け、燃え盛る炉の中に投げ込むのである。悪い者どもは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。マルコ福音16:16信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。ヨハネ福音3:36 御子を信じる者は永遠のを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。 ヨハネ福音8:24 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、 あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。第2テサロニケ1:7それは、主イエスが炎の中で力ある天使たちを率いて天から現れる時に実現する。その時、主は神を認めない者たちや、わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者たちに報復し、そして、彼らは主のみ顔とその力の栄光から退けられて、永遠の滅びに至る刑罰を受けるであろう。「ヨハネの黙示録」6:9?19:21では神に従わない者は、?キリスト?によって、剣で殺されたり火と硫黄の中に投げ込まれたりして行きます。実行することを良しとし、その結果の良し悪しを問題にしていない。その為、目標と手段を混同して暴走する輩がいる。創価学会が批判されてる理由は何だと思いますか? それは、創価学会に対して、嫌悪と憎悪を丸出ししている者たちが、「創価学会はこうだ!」と偏頗な感情で決めつけて、自分の勝手な反学会の感情を狂ったように日夜ネット上などで発散させ、それを人々が真に受けているからです。「ああ、創価学会というのは、そんなに狂った教団なのか」と、人々が思い込んでいるからです。それゆえ、学会は世間から批判されているのです。狂っているのは学会ではなく、そのように学会の誹謗?中傷を繰り広げている連中のほうであると、人々は気づかないのです。創価学会の信仰する、日蓮仏法の「南無妙法蓮華経」は、他宗教の教えと異なり、現実に人々を幸福にできる、宇宙と我々の生命を貫く根源の大法です。ゆえに、その信仰を妨げ、人々を不幸に追いやっていこうという「魔」の働きも、同時に生じることになっているのです。そうでなければ、正法ではないのです。ゆえに、学会を誹謗?中傷し、「学会なんかにつけば、不幸になるぞ」というような、悪意の宣伝をするような働きも当然生じるのです。厄介なのは、そのように学会を攻撃する連中の中には、例えば、坊主、政治家、評論家、ジャーナリスト等といった、それなりに社会的地位がある者が多いことです。社会的地位がある者が発言をすれば、人々は「あの人が言うのだから、正しいに違いない」と、盲目的に信用してしまいがちです。「大悪魔は貴き僧となり……人の後世をば障るなり」南条兵衛七郎殿御書、日蓮大聖人御書とあるように、「貴き僧」、つまりは僧侶に限らず、社会において地位があり、人々に影響力のある有力者の身に「魔」は入り込み、何かと学会を攻撃させ、学会という正法の団体に人々が近づこうとするのを妨害するのです。それこそ、「魔」の狙いとするところです。しかし、現実の学会に触れれば、「世間で言われていることと、実際の学会とでは、何という大きな違いがあるのか」と、人々は驚きます。いかに自分が世間の風評に踊らされていたかに、厳然と気付かざるを得ないのです。ゆえに、物事は、悪意の勢力が発するいい加減な風聞の類などを鵜呑みにするのではなく、自分の目と耳で、その真偽を究明しなければならないのです。立正佼成会は人数こそ創価とどっこいですが、アンチはあまりいない。キリスト教は創価の100倍くらいいますが、少なくとも日本では創価ほど嫌われていない。宗教団体の大きさと批判の大きさはあまり一致しません。結局のとこ、悪いことした数だけ嫌われる、平凡ながらそれが真理。何千万人もの殺戮を遂行した巨悪のキリスト教と比べ、創価の悪など大したことはないのですか、プロバガンダがへたなのです。巨悪の罪はなかなか暴かれないのが世の常ですからねーピューリタンによる聖絶●1620年にイギリスからアメリカへ移り住んだ清教徒の半数は最初の年の冬を越せずに亡くなっていますが、彼らを全滅から救ったのがインディアンです。だが、ピューリタンは自分たちを新ユダヤ人と称し、聖書を引用しながら、新大陸を約束の地カナンとして、北米の先住民を神の許しのもとに殺戮しました。1600万人の北米インデアンが殺戮され、ほぼ人種絶滅につながりました。2000年前のことではないのです。聖書の文言が神の言葉とされる限り、状況によっては今後も繰り返されることなのです。●●インデオ殺幾●●●?????に食人を強制しました。●降服していたインディオたちをできるだけ大勢連れて行き、彼らを他のインディオたちと戦わせた。彼はだいたい1万人か2万人のインディオを連れて行ったが、彼らには食事を与えなかった。その代わり、彼はそのインディオたちに、彼が捕らえたインディオたちを食べるのを許していた。そういうわけで、彼の陣営の中には人肉を売る店が現われ、そこでは彼の立会いのもとで子供が殺され、焼かれ、また、男が手足を切断されて殺された。人体の中でもっとも美味とされるのが手足であったからである。インディアスの破壊についての簡潔な報告< p.81>スペイン人たちは村へ侵入し、大半が藁造りのインディオたちの家に火を放った。インディオたちが気付いた時は既に手遅れで、女、子供、そのほか大勢のインディオが生きたまま焼き殺された。???」<同書 49>インデオ虐殺1000万人キリスト教徒のインディオ殺しは残酷で、例えばインディオを13人ずづ絞首台にかけ下からは小さい火を燃やし、絞め殺すと同時に焼き殺したのです。何故 13人ずつかと言うと、救い主のイエスキリストと12使徒の名誉のためでした。また、インディオの子供の頭を岩や木に投げつけ、生きたまま犬の餌にしまし た。こういた「立派な」行為を熱心に書き留め、その記録をスペイン宮廷に送りました。タスマニア島アボリジニーを全滅させ、オーストラリアにいたアボリジニー人を虐殺を煽りまくったのは、神の使いキリスト教会の牧師達である。毎日曜のミサのあとでイギリス人入植者たちは馬にまたがり、日曜の余暇としてアボリジニー?ハンティングを楽しんだ。キツネ狩りと同じように酒を飲み奇声を上げ、逃げ惑う先住民を楽しみながら殺していったのだ。バチカンと英国王室は、カナダの先住民インディアンである、モホーク族の寄宿舎で虐殺を行なっていました。これは1960年代から行われていたと言われる、とんでもないジェノサイドで、子供たを強制的に寄宿舎に入れ、細菌感染や拷問などで、推定5万人以上を殺害したというものです。●●異教徒は人間ではない●●●1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。●●●隣人愛としての原爆投下●●●●プロテスタントの牧師キュンネトKünnethも、原子爆弾は隣人愛の為に使えると主張しました。それはあの広島?長崎原爆投下の十三年後の事でした。第二次大戦中、アメリカ合衆国のプロテスタントやカトリック教会の司教達も日本への原爆投下のために尽力した。、パイロットが自分の母 親の名前を命名したB29爆撃機「エノラゲイ」がティニアン島から離陸する直前、牧師が、「あなたを愛する者の祈りを聞き届けてくれる全能の神よ、お願い です、あなたの天の高さに向け、我々の敵と戦う乗組員を守って下さい。これからも我々はあなたを信頼しながらこの世の道を歩みます。全テキス ト: H. Gollwitzer Die Christen und die Atomwaffen 1957からの引用」と祈りました。キリスト教の神の助けにより7万人が広島で翌朝8時半即死しました。その後5年間に20万人の命が失われました。勿論、神様に感謝しました。彼ら、あのアメリカのクリスチャン達が。冷戦時代、両教会は水素爆弾の開発や配置をも支持しました。●●●●ユダヤ人はイエスを受け入れない悪魔である。●●●●●ユダヤ人に対し聖書は悪魔から生まれたと言っている。ヨハネの福音8章 44節」あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ。マタイによる福音書27:25「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」4世紀以降キリスト教会は神殺しの民としてユダヤ人の迫害を繰り返してきました。キリスト教がローマの国教となるとユダヤ教会には「セクタ?ネファリア」邪悪な宗派という刻印が押された。キリスト教会の主張に従ってビザンチン帝国は次々と反ユダヤ法を制定したのです。ユダヤ人嫌悪はキリストを十字架にかけた人々の子孫を世に残すことは神意に反するとして正当化されたのです。十、十一世紀になるとキリスト教神学に基づく戦闘的理念を形成し始めると教会が培ってきた反ユダヤ主義は現実的迫害に転化し始めたのです。、千九十六年十字軍はイスラム教に対する敵意だけでなく、最初から「キリストの殺害者ユダヤ人に対する「復讐」を誓っていたのです。ルーアンでユダヤ人を襲撃した十字軍は次々とユダヤ人コミニィティーを襲い、虐殺と略奪を重ね、生き残ったユダヤ人に改宗を強要しました。数万人の規模で殺戮されたようです。ゲットーに閉じ込めユダヤの星をつけさせたのはナチスが初めではありません。一二一五年第四ラテラノ公会議で、ユダヤ人とキリスト教徒の性行を禁止するため、ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを示さなくてはならないと定められた。この決定に従って「恥辱のバッチ」の制度が始まった、ルターの晩年論文「ユダヤ人と彼らの嘘」1、 シナゴーグやイェシーバーを、跡形残らず徹底的に焼き払うべし2、更にユダヤ人の所有する家をも打ち壊し、所有者を田舎に住まわせるべし3、宗教書を取り上げるべし4、ラビの伝道を禁じ、従わないようであれば処刑すべし5、ユダヤ人を撲滅するための方途を穏便に実行すべし6、高利貸しを禁じ、金銀を悉く没収し、保管すべし7、ユダヤ人を農奴として働かせるべし第二次世界大戦以降、学問の分野で支配的となった見解[4]は、本論文が宗教改革からホロコーストまでの数世紀において、ユダヤ人に対するドイツ人の態度に少なからぬ影響を与えた、というものであった。ルターが官憲に対してユダヤ人の特性を述べた、七つの提示は、1938年8月ナチスの宣伝相ゲッペルスが水晶の夜でおなったユダヤ人指令と重要な部分で重なっている。「ユダヤ人と彼らの嘘」「シエム?ハムフォラスとキリスト者の性」は、ヒットラーによって2百万部も配布された。p160 魔女とキリスト教ユダヤ人も魔女と同じ異界に住むi異人であった。いえ、勝手に叫んで、勝手に喜び、勝手に勝ち誇れる馬鹿ばっかりいるのが創価だから宗教オンチが多いからです、理論だけでは理解は不可能創価学会やエホバの証人か批判されているのは、本人達が他宗教の悪口を言っているからだと思いますよ。他宗教を批判しない団体はほとんど批判をされません。悪口を言えば、悪口を言われる、因果応報の法則です。「物、事」の見方が世間一般的な方法とは解離していますね、貴方の為-幸福の為のの一言。それは「人の為?ては無く「創価学会」の為だけの為でしょう?他人の家の仏壇をゴミ-不燃物-粗末扱いして。その家にとっては、大事大切な神-仏である事さえゴミと言い切る人達でしょうね。創価学会員です。創価学会は世界宗教ですから、その分、批判者も現れます。世界192カ国に創価学会員SGIメンバーがおりますので、その分、批判者もいるのは当然です。創価学会が批判されている理由は、日蓮仏法が難信難解なんしんなんげと言って、理解するのも信じるのも難しい宗教だからです。仏教そのものも、難しいのですが日蓮仏法では、さらに人間の真理を追求しているので、その道の専門家でも理解するのも難しいのです。貴方が仮に創価学会の日蓮仏法を勉強して、理解しようと今から頑張っても、30年以上はかかるでしょう。そういう私も勉強中の身ですが、あと20年~30年かかるかも知れません。それ程、難しいと覚悟しないと理解出来ないでしょう。仏になる道仏道修行が、簡単に出来るはずもありませからね。元エホバの証人です。信者になってからカルトだと気がつきました。学会は、中学生の頃、友達に誘われ嫌々集会に行きました。帰りに車に乗せてくれた信者のおばさんに、信者登録させられました。友達に後で断ってもらったけど。中学生に大人が圧力かけて信者にいきなりさせるって異常だと思います。それで悪い印象しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です