公職選挙法 もしも一部の地域の選挙が何度も再選挙しても投

公職選挙法 もしも一部の地域の選挙が何度も再選挙しても投。これ、意図している質問の意味が良く分からないので何とも言えないんですが???基本的には投票者数の制限は無いので、場合によっては投票率1%で投票人数1人であっても当選者が出ます。もしも一部の地域の選挙が何度も再選挙しても投票数が規定に達しなかった場合、どうなりますか 公職選挙法施行令。第十五条 行政不服審査法施行令平成二十七年政令第三百九十一号第四条第二
項及び第八条の規定は。法第二十四条第一項の異議の申出について準用する。
この場合において。同令第八条中「審理員は」とあるのは「公職選挙法昭和二
十五米大統領選2020。長蛇の列。州ごとに異なる奇妙なルール。投票抑圧につながるとも言われる
厳しい身元確認……。アメリカではなぜ。時には何時間も並ばなくては投票
できないのか。公職選挙法。さらに。公職選挙法や政治資金規正法をすべて守る事は至難の業とされている[]
。, 本法律における「公職」とは「衆議院議員」「参議院議員」「地方公共団体の
議会の議員」「地方公共団体の長=都道府県知事?市町村長」であり第条

これ、意図している質問の意味が良く分からないので何とも言えないんですが???基本的には投票者数の制限は無いので、場合によっては投票率1%で投票人数1人であっても当選者が出ます。逆に立候補者が多すぎて、一定比率以上の得票が無くて当選出来ない条件に引っかかった場合には、永遠に再選挙が続きます。が、これまでの再選挙で考えると、得票数の少ない候補者から再選挙に出なくなります。だって何度やっても当選出来そうにないからです。誰かが立候補を止めれば、その票が誰かに回るので、それを繰り返せばいつかは当選者が決まりますよ。候補者が乱立しまくって、さらに全員が同じような票数で、全員が落選になった場合には、何度かやっていると誰かが諦めたりするので、それで結果が出るまで永遠に続くという感じになるだけですよ。概念としてはそんな感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です