三権分立は死んだ 三権分立は死んだ 日本は独裁国家へ猪突

三権分立は死んだ 三権分立は死んだ 日本は独裁国家へ猪突。妥当な判決です。三権分立は死んだ 日本は独裁国家へ猪突猛進 司法介入する安倍内閣をどう思いますか (下記ニュース参照)

original message

<慰安婦記事訴訟>元朝日記者の請求棄却 札幌地裁

11/9(金) 16:09配信 毎日新聞

元朝日新聞記者の植村隆氏(60)が、従軍慰安婦報道の記事を「捏造(ねつぞう)」と報じられ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏や出版3社に損害賠償などを求めた訴訟で、札幌地裁(岡山忠広裁判長)は9日、植村氏の請求を棄却した

植村氏は朝日新聞社の記者だった1991年に書いた従軍慰安婦に関する新聞記事について、桜井氏が雑誌やインターネット上で「捏造」「意図的な虚偽報道」などと繰り返し断定し、社会的評価を失墜させられたと主張 桜井氏は「記事への論評は名誉毀損(きそん)に該当しない」としたうえで「事実と異なることを書き、記事が誤りだと判明しても意図的に訂正しなかったのならば捏造に当たる」と反論していた

岡山裁判長は「植村氏が事実と異なることを執筆したと桜井氏が信じる相当の理由があり、桜井氏が記事を書いた目的には公益性があった」との判断を示した

◇桜井よしこ氏「証拠に基づく当然で適切な判決」

判決言い渡し後、桜井氏は「証拠に基づく当然で適切な判決 ジャーナリスト個人に対する提訴は表現の自由を侵すもので、今後は言論の場で意見を戦わせるべきだ」とコメントした 植村氏は「不当判決で受け入れることはできない」として控訴する考えを明らかにした 日本の三権分立を問う。三権分立 各国家には三種の権力。つまり。立法権力 é
。万民法に属する事項の執行権力および公民法にそして最も強調されているの
は。「立法権力」と他の二種の「執行権力」。即ち「行政権力」と「司法権力」
のいずれか一方。全権委任法」とは行政権力である政府=ヒトラーに無
条件に立法権を与えるという。まさに三権分立を破壊する独裁法だったのです。

「尖閣侵略」を狙う習近平の厚かましさ。そんな中国の主張を退けつつ。今後日本はどのような戦略を取るべきだろうか?
国連総会へ出席するため訪米直前だった管直人首相は。強い口調で「釈放しろ
」と命じた。成功させる。という自分のメンツを守るため。中国政府の脅しに
屈して国内法の手続きを停止しただけでなく。行政のトップである首相として
司法権へ介入したことになる。日本国憲法が定める三権分立の原則への侵害で
ある。ベトナム「司法システム」の特徴。ベトナムの憲法において。国家の最高権力機関は国会とされており。行政機関。
司法機関は国会の国会直属機関としてこのように。司法権の独立性がないため
裁判所を含む司法は一党独裁の共産党の政治的影響を強く受けます。曖昧で
相互矛盾する法令の存在が。結果としてそれを解釈する権限を持つ公務員に
大きな裁量を与えています。日本では実現可能性がない法律が制定されること
はありませんが。ベトナムの場合は立法当局の担当者自身の認識が薄い

香港「三権分立」なかったことにする習近平式「三権合作。今年月に国家安全維持法国安法が施行されて以来続く民主化運動や抗議行動
に対する統制強化に加え。香港の表看板である「高度な自治」の象徴とも言える
立法会への介入は。香港で尊重されてきた西側式の「三権分立」の理念を。中国
?習近平式の「三権合作」へこれらの動きの目指すものは。「三権分立」を
否定し。行政だけでなく。立法。司法の三権をすべて北京中央政府三権分立は死んだ。いずれかを含む。三権分立は死んだ 日本は独裁国家へ猪突猛進 司法介入する安倍独裁政権に対抗し。安倍政権の一番の問題は。憲法が定める三権分立を踏みにじっていることだ。
年は。桜を見る会の問題をはじめ。官僚の人事権が内閣官房に一極集中し
。行政が肥大化する一方で立法府が形骸化することを懸念していたのだ。ただ
。政治の場に身を置く者としては「行政の肥大化だ」とか「安倍首相の独裁だ」
と言ってるだけでは済まされない。超党派で「原発ゼロの会」を年以上続け
。自民党の若手の中にも原発を続けても日本の未来に道はないと思っ

神戸大学。敢えてロムブロゾーを祖述する訳でないが。彼のフェノロジーは精神科学の粋
として。その実証を我が日本の政客安達するかのように。愛国主義者荒木陸相
の鼻下に厳然として控えている。今日の陸海軍将校は「真に国家の事を憂うる者
は俺が充満している」と語っているが。政民両派が自己解消を急ぎ。政界は
次第に小党分立。辟雄割拠の時代に入らんとするである。が。天馬空を往く
如き彼の才気は。必然的に独裁的傾向を帯びる為め。比較的旧習を墨守する安田
一家の人々

妥当な判決です。どこが独裁?ヒトラーナチスですか?三権分立は、国家の枠内を出ることが出来ない。出るなら国家否定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です