フロート海面に運ぶ 辺野古で海上保安庁と対立しているカヌ

フロート海面に運ぶ 辺野古で海上保安庁と対立しているカヌ。保安庁は、使命感を持ってやってるので、本気で悪と戦っています。辺野古で海上保安庁と対立しているカヌー隊の方は、何故東京(人が多く集まる場所)などで行動を起こさないのですか 海上保安庁にどんだけ物を行っても絶対に変わらないと思います もっとこの問題を軽く考えてる人達に訴えれば良いと思います 海上保安庁は国から言われて嫌でも仕事をこなしているのに叩かれているのが可愛そうです 辺野古新基地:海保拘束。名護名護市辺野古の新基地建設に抗議するカヌー隊の男性が9日。顎がく
関節捻挫など全治2週間のけがをした。男性はスパット台船に近づいて。海上
保安庁職員に首の辺りを絞められたと主張。職員が首に手を掛け。怒鳴りつけるフロート海面に運ぶ。辺野古問題取材班米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地
建設で。沖縄防衛局は7日午前9時フロートを並べる作業が始まった直後。
カヌー隊の9人が相次いで海上保安庁に拘束された。抗議船が再びカヌー隊を
作業海域までえい航し。抗議行動を続けている。なぜ辺野古区は基地建設を
容認するのか? 明星大の熊本教授が著書「県民の対立は国に利する」

「海を殺すな」辺野古土砂投入1年。米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市の県内移設計画で。政府が名護市辺野古
沿岸部に土砂投入を始めてから年となった日。埋め立て工事現場周辺の海上
では。辺野古移設に反対する市民らがカヌーや船から「土砂を入れるな」「美
ちゅを掲げ。埋め立て予定海域の沖合に設置されたフロート浮き具を
挟んで警備にあたる海上保安庁の船と対峙たいじ。海上での集会では国会
議員や市民らがマイクを持ち「土砂投入量は全体の%にとどまっている。辺野古で海上保安庁と対立しているカヌー隊の方は何故東京の画像。海上保安庁の回答及び辺野古海上での過剰警備に関する質問主意書。名護市辺野古沖における海上保安庁による過剰警備に関し。私を含め沖縄選挙区
選出の衆参両議院議員五名が一月二十三日国会議員が国政調査の一環として。
府省に対する情報や資料の提供を求めたことに対し。なぜきちんと対応しない
のか。二 カヌーを転覆させ。おぼれそうになっている住民を強制的に海上保安
庁の船舶に引きずり上げ。しかも長時間拘束六 同本部の職員が行った説明
に対する文書での疑義照会に対して。東京でしかも口頭でしか対応。説明
できないとする

保安庁は、使命感を持ってやってるので、本気で悪と戦っています。誹謗中傷には負けないと思います。貴方が知らないだけで、東京などでも「辺野古移設反対」の集会はやっていますよ。野党の議員が駅前で訴えるようなものから、あるていどの人数が集まって国会前でプラカードを上げたりなど、様々です。ただ、それが頻繁に行われるようなものではない、というだけの話です。税金を貰いながら反日の海上保安庁と戦っている国民。反日の安倍政権を辞めさせる必要がありますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です