フィリピン フィリピン マルコス大統領夫婦は何故失脚した

フィリピン フィリピン マルコス大統領夫婦は何故失脚した。長期独裁政治による政治不信と、権力者と親族による、汚職と不正蓄財の限り。フィリピン マルコス大統領夫婦は何故失脚したのでしょうか 1番だけが知っている。失脚から33年…現在のイメルダイメルダ?マルコス▽超極貧生活から。
フィリピン大統領夫人にまで上り詰めた彼女▽その裏では…超独裁政治ためし
に。人気のビデオオンデマンドサービスで。見逃し番組を探してみては
いかがでしょうか? ☆無料で民放一体 なぜ こんな悪女が 大統領夫人靴
に異常に執着した理由も に あったそして マルコスの人気を 後押しした
美貌と並ぶ 実際に が残っている イメルダの歌声 夫婦で支え合い
ながら 国を救マルコス元大統領の隠し資産。フィリピンの故フェルディナンド?マルコス大統領の独裁下で戒厳令の被害を
受けた人々は。かつて元大統領が年に打倒され。89年亡命先のハワイで死去
したフェルディナンド?マルコス元大統領の描かれた壁画 なぜスイスでは
これほど時間がかかったのか?このコンテンツは 「
アラブの春」で失脚した独裁者の隠し資産凍結を行ったスイス。

フィリピン。いずれかを含む。フィリピン マルコス大統領夫婦は何故失脚したのでしょうかドゥテルテ氏またお騒がせ。シンガポール=吉村英輝フィリピンで長期独裁政権を維持し。1986年の
「ピープルパワー民衆の力政変」で失脚した故マルコス元大統領の遺体
について。ドゥテルテ…イメルダ夫人。――大統領の妻として。どのような役割を果たしたんですか。 1965年に
マルコス氏が大統領選に出馬した際も。遊説について回り。目立つ存在でした。
今でいえば。トランプ独裁者。例えばフィリピンのイメルダ?マルコス元大統領夫人がそう。レイテ島出身で“
年月。私はフェルディナンド?マルコス元大統領夫妻に会うべく。ハワイ
に出張した。マルコス政権崩壊から夫妻は国外に連れて行かれる可能性をなぜ
考えなかったのだろうか。 夫妻がラワグ行きを次のエストラーダ大統領は不正
蓄財疑惑で失脚。つづくアロヨ大統領も期待外れに終わった。独裁の負の遺産。

マルコス。マルコス 1965~86年。フィリピンの大統領として開発独裁の政治を進めた
独裁者。 フィリピンの大統領として約20年~にわたって君臨し。
典型的な開発独裁といわれる体制を維持したが。1986年に民衆の運動
によって失脚し。アメリカに亡命した。 1965年にフィリピン大統領に当選。
69年には再選され。憲法では三選が禁止されていたにもかかわらず戒厳令を
発布して

長期独裁政治による政治不信と、権力者と親族による、汚職と不正蓄財の限り。国民の貧困は増すばかりに、我慢の限界を超えたのです。そんなフィリピンで唯一の希望が、ニノイ?アキノ元上院議員でしたが、彼がアメリカからの帰国時に、飛行機から降りる際に近距離から暗殺されました。1983年の8月だったと思います。マルコスが政敵の暗殺を指示したと国民のほとんどが確信しました。国民の怒りはマルコスに向き、凄まじいデモが始まり、マラカニアン宮殿になだれ込んだんです。マルコスは寸前に逃亡をしてハワイに向かいました。私は仕事でマニラにいました。今でもあのマニラは忘れられません。あくまでも一説ですが.マルコスが亡命して以降、アメリカとの繋がりが強固なスペイン系フィリピン人の大統領はおらず、華僑系と言われる、中国からの移民との混血一族となって居ます。要はアメリカから切り離して中国支配を強めたい意向を持った華僑系富裕層の陰謀により、マルコスの政敵であったアキノ元上院議員の帰国に合わせ、暗殺をマルコスが指示したとして失脚させたと言われている。マルコスが独裁色を強めていたのは事実だが、アメリカの強力なバックアップにより国内政治、治安は安定し経済的に発展する状況にあったため、圧倒的多数の貧困層含め国民からの根強い人気から引き剥がす必要があった。現在でもイメルダ夫人に対する貧困層からの支持は根強い。実際、マルコス氏失脚以降、政治も経済も華僑系フィリピン人に実権を握られ、アメリカ軍の撤退や南沙諸島の実効支配につながっており、政治家は中国に弱腰で属国化してしまったと言っても過言では無い状況。ちなみに現大統領のドゥテルテも名前はスペイン系ですが祖父母の時代から華僑系の血が入っており、表面的な顔とは裏腹に、中国からの経済依存を益々強める状況になっている。経済協力とは名ばかりに人民を次々と送り込んで100年かけて国を乗っ取る中国の手の内に嵌った国家なのです。マルコスが、旧日本軍が残して行った財宝の独り占めを企んだんでアメリカの怒りを買った。山下財宝、天皇の金塊と言われてる。まあ表向きにはイメルダや一族の無駄使い、蓄財だったりするけど、それらもこのカネから出てる。こう云う独裁は後ろ盾が見放したら即死するだけ。戦後のフィリピンは小野田少尉始めいつも山下財宝云々で争う歴史が続いてた。まあ陰謀論の類になるかな笑1986年の大統領選挙で 対立候補のコラソンアキノのほうが得票が多かった。しかしマルコスは開票で不正を行い みずからが勝ったと宣言しました。このため フィリピン国民がたちあがり マルコスはハワイに逃げました。ですので 正確には失脚ではなく 選挙で’負けたため 大統領職を失いました。マルコスが選挙で負けた国民の支持がえられなかったのは汚職。夫婦ともに汚職にはげみ 海外に蓄財した。弾圧。戒厳令をしき 言論を弾圧して反対派をおしこんだ。政敵の暗殺。国民に人気のあったベニグノ′アキノを国外追放し 帰国しようとしたら空港で射殺した。その結果ベニグノの奥さんであるコラソンアキノに同情票が集まった。イメルダの横暴。夫マルコスが病気がちのため 選挙をへてない妻のイメルダが国政をしきった。そして ぜい沢品を買いあさり 蓄財にはげんだ。ちなみに韓国の独裁者 朴正熙は20年間の治世で国民所得を20倍にしました。マルコスも同程度の期間大統領職にありましたが 国民の生活に進歩がなく 不正蓄財だけが増えました。野党指導者アキノ氏暗殺事件を機に国民の間に独裁への不満が爆発寸前になり、アメリカの指示でやったインチキ選挙が火に油を注いだ。それを見て軍が離反し、国民が軍を支持しマラカニアン宮殿に雪崩れ込んでマルコス夫妻はアメリカに亡命。バックアップしていたアメリカが手を引いたため。そのため軍が民主化運動側に味方し、マルコス政権はあっけなく打倒された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です