アメリカの働き方は最高 アメリカは?寄付はいい事?という

アメリカの働き方は最高 アメリカは?寄付はいい事?という。欧米の富裕層は様々な形で助成します。アメリカは?寄付はいい事?という概念があるからうまくいきますが、日本にはないですから経済は表面上はいい事あっても国民の幸福度は上がりませんね アメリカ人が日常的にチャリティー活動をする本当の理由とは。世界社会貢献ランキング」でご紹介したように。アメリカは寄付大国と言われ
ています。世界の経済の中心のイメージがあるアメリカですが。実はたくさん
の社会問題を抱えています。年代から。アメリカ全土において。国民の
上位パーセントの富裕層が所有する資産が増加し続けている状況を表しています
募金額は人それぞれですが。ほとんどのアメリカ人は社会貢献活動をしている
ということが分かりました。寄付金額は人それぞれでいいんです。

アメリカ税制解説:寄付について。従って。寄付金をして。領収書があるからといっても。それがそのまま控除に
結び付かない場合がありますので。ご注意ください。 寄付金などが重複
となりますが。別のいい方に変えています。 ? .寄付金のみを控除という
ことになりますので。全体の控除額が減り。結果として減税になりません。
むしろ。vol。ハンバーガーでおなじみのアメリカ?マクドナルド本社はイリノイ州シカゴの
郊外にある。年前に病気の子供に付き添う家族のレポートで紹介した
ロナルド?マクドナルド?ハウスは。企業や人々の善意で運営されていると言っ
ても言いすぎではないと思う。アメリカでなぜ寄付する人がこれほど多いか
というと。アメリカには寄付に対する税制優遇措置があるからとも言える。

なぜ日本人は「寄付」をしない。世帯あたりの年間寄付額がアメリカ→約,円に対して日本→約,円
というデータがあります。だから「寄付」と聞くと『うさんくさい』という
ように裏から見る方も少なくないと思います。有償ボランティア」も
ボランティアですし。は利益を上げてもいい。ということを知らない人が
まだまだ多いんですよね。その際に。の支援先のひとつである国境
なき医師団を寄付先に選んだとします。ビジネスとして上手くいくはずが
ない」「アメリカの働き方は最高。アメリカって組織の風通しが良いから。誰もが正直に意見を交わせるらしいよ!
それにというわけで。アメリカの働き方の実情ついて。実際に就労経験がある
人に聞いてみることにしました! さん左そもそも。アメリカ社会全体に『
意味なく頑張る』って概念がないです。そういう家庭が集まる地域は。寄付が
集まらず国からの予算も少ないため。教員が減り。良い教育が受けられない。
対して。日本だと優れていなくてもある程度快適に生きていける。

クリスマス前の”Giving”。意味で。銀行やお店などに大きなバケツや箱があり。そこに寄付したい人が
おもちゃをどさっと入れていきます。その気持ちを理解して。お財布に余裕が
ある人は 。おもちゃの一つ二つまたはもっとを寄付できるのでしょう。
小さい時から「ある人はない人に与える」という精神が当たり前に植え付けられ
ているんだな。と思いました。そんな中で。「与える」。「与えられる」
ということに抵抗を感じない世代になっていくといいな。と思います。

欧米の富裕層は様々な形で助成します。「寄付は良いこと」はキリスト教の教えなのです。日本人は基本的に「利己主義」なので「自分さえよければ」ですから。来日された「故マザー?テレサ」が、「日本は豊かな国だと思っていたが、とても貧しい国」との有名なことばがあります。「心が貧しい」ということですね。ですから「幸福度が低い」のです。それは随分な勘違いですよ寄付はいいこと???そんなこと思って寄付している人は居ません税金払うぐらいなら寄付して節税 そしてステータス。その証拠に 何処に寄付したのか みんなよく知らない。他国ではテロ組織と認定されている組織にすら平気で寄付をしているし 寄付を生業としている組織も山のようにあり 活動実態が全くない組織にまで寄付をしている。寄付する相手にすら興味が無い。そんな寄付なら税金を支払う方がよっぽど世のため人の為。そして 日本には寄付をしなければならないほどの金持ちは一人もいない。トヨタの社長の給料は3億円。しかし 世界の標準なら トヨタほどの売り上げが有り 利益を出している会社の社長なら 50億円でも国民は驚かない。3億円と聞いて 世界は驚いた たたっそれだけの金でトヨタの社長を引き受けているのは何故? それが世界の感覚。日本経済の安定感は抜群 何故かと言う問題を世界中の学者が研究している。その大きな要因は 文化として上から下までの格差が 他国と比較し異常に少ない文化的な社会性に有ると言う学者が多い。キリスト教徒が多いからです。「イエスは、神を愛することとともに、この隣人への愛こそもっともたいせつな戒めだと教えた」- マタイによる福音書 -日本の場合、寄付は”御奇特な行為””詐欺かもしれない”などの意識が強いですから、幸福度が上がるような事は滅多な事ではありません。残念な事に、多くの方々は”自分は報われていない、不幸だ、国のせいなんだ”と言う実にもう真っ暗闇な心境で日々の生活を営んでおり、時々破裂して、こういう場で興奮して乱暴な事を書いたり、道端でみっともない喧嘩をやらかしたり、怒鳴ってみたり、引きこもってみたりと、散々な事になっております。まあ、私みたいに太っている人間は食べる事で全て忘れてしまい笑ってよく寝られるので、例外的に幸福度すごい事になっています。LDLコレステロール高め、中性脂肪過多、動脈硬化などの事を抱え込んでも、まるで不幸感は有りません。皆、私を真似して欲しいと思います。それにはまず太る事。税制の問題ですよ。アメリカでは自分で寄付する先を決め、実際に寄付したら税金を納付したものとされたり減額されます。しかも寄付先の範囲が広い。 日本ではふるさと納税がありますが、やれ返礼品だの地方公共団体に限るだのやたらと規制されます。寄付する気もなくなるでしょうよ。国民の税金は全て官僚が管理して支出する仕組みを変えない限り幸福度は、上がらないでしょう。日本ユネスコ。該当募金のやくざ。とかのせいでイメージ悪いからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です