なろう系について語るスレ なろう系の設定ついてなろう系の

なろう系について語るスレ なろう系の設定ついてなろう系の。なろう系は欲望丸出しでキモいし痛い。なろう系の設定ついて

なろう系の作品が批判される理由の1つに、主人公が強い理由を読者側が納得できないからだという話があります
ただ、神様に力貰って転生させてもらったくらいの説明 はなろう系にもあるはずです
それが納得できないというのはどういう事でしょうか
逆にどの程度の説明を読者は求めているんでしょう

例えば、ガンダムなんかはフィクションを納得させるために設定がよく作り込まれていると思いますが、見返してみるとどの設定もどの設定も、結局はミノフスキー粒子っていう万能粒子の恩恵だよって事に行き着くと思います
つまりでっち上げた嘘を納得させるために、何でもありの嘘をさらにでっち上げているのです
なろう系の神様のおかげは許せないのに、ガンダムのミノフスキー粒子様のおかげは許せる違いって何なんでしょうか 「なろう系」について語るスレ。スコッパーやったらは確かやなよし。やってて外れ引きまくって心が疲れた時に
何時読んでも癒されそうな作品ってのなんかあります?昔はハマってたが今は
飽きたなやっぱ設定がありきたり…なろう系として批判される傾向の一番の
本質って。多分以前に誰かが言ってた発生元の考察に関わるけど「メアリー?
スー」

なろうに投稿される作品はなぜ批判されがちなのか。小説家になろうに投稿されるテンプレートを用いた作品は。なぜこうも蔑まれ。
疎まれ。バカにされるのか。 異世界ものを主人公が何らかの理由。または理由
なく。異様なほど強い設定である。これは。異世界転生ものを読む前の筆者の
感想でもあり。なろう系を批判しているユーザーの意見を筆者なりにまとめた
ものでもある。2 なろう系作品の読者層を見て。白痴という言葉がお似合い
な。知性のかけらもないユーザーを見つける。知らないものについては語れ
ない。なろう作品がつまらない理由がわかる画像がこちらwww。このスレで批判されてるのはありきたりな量産型なろうの事だと思うよ
平成年 /水 は精々パンと野菜スープ。他には 悲報
本屋さん。なろう系にブチギレる「作者が誰だかわかんねーんだよ!

な。相澤消太が恋人について同僚に惚気る話 相
梅雨, ネット小説大賞概要; よくある質問; 受賞作品のあゆみ; 小説家にな
ろうレゴジュラシックワールド 日本語設定, 『るろうに剣心 最終章』
批判されることについては度が過ぎていない真っ当な指摘であれば。
きちんとなろう系特有の「奴隷制度」「ハーレム制度」「農業遅れがち」な。なろう系特有の「奴隷制度」「ハーレム制度」「農業遅れがち」な舞台設定には
絶妙な名前がついているらしい「完璧なセンス」@_ 完全に異
世界なのに何故か日本風の文化圏が東方にあるという作品が多すぎる
ナーロッパ」はシェアワールドというか。なろうで共有される世界観みたいな
ところあります。だらけ。体臭を隠すために臭いほどの香水を使っていて。
そんなんじゃ誰も読まない」ってね。年も昔から批判者は無責任なんだよなあ

なろう系。それを批判するのは 内容が酷いのはそもそもコミカライズしないし文章が酷いの
は漫画じゃ伝わらないから必然的にまとめで出される奴も作画崩壊より設定
ツッコミのほうが多い, それは読んでないから知らないけど。原作とメディア化
なので「なろう系」を一言で表現してしまえば。 「小説家になろう」から小説化
?アニメ化された作品群呼ばわりされるけど。割と多くの作者は売れる為に
読者に求められた作品書いてるだけやからなぁ…, なろうが変な作品な。なろう系が定着したからなろう行く人はまず異世界系作品探しに行く。というの
もあるかな 実はラノベで言えば最近はファンタジーと展開が多いし。型月だけ
じゃなくてもテンプレートな設定なゲームなんてゴロゴロしてるだろうに。何故
に其処までなろう産のテンプレート作品を批判されることについては度が過ぎ
ていない真っ当な指摘であれば。きちんと受け止めて作品に活かせるようにしま

なろう系は欲望丸出しでキモいし痛い。あんなの読めるの中学生までやろ笑なろうのほとんどの作品は主人公が最強設定の俺つえーで、その根拠も同じだからでしょう。そして基本的にはハーレムという話。こればかりなので作品としての違い殆どないですから。強い根拠が違うだけで。なのでなろうでも異世界?俺つえー?ハーレムが3拍子揃った作品と違いが分かりやすい、このすばや劣等生、転スラあたりは批判も少ないですし。なろうではないSAOは完全なもらい事故ですね。SFはまた比較対照が違うかと。他の人も言ってるけど主人公にだけ都合のいい設定や展開が多いからじゃないの?ジョジョにしろワンピースにしろ万人受けする作品は主人公のような特殊な能力者がたくさん出てきて戦ってるけど、なろうは主人公だけがよく分からない理由で強くて周りがバカみたいにスゲースゲー言ってるからおかしくなってる比較対象がおかしい。ガンダムの「ミノフスキー粒子」の設定は、世界設定の話なので、なろう系のファンタジー世界に喩えると「この世界はマナで満たされていて、資格のある者は魔法を使える」という設定のこと。そんなものは実際には存在しない。フィクションで、でっちあげ。それは誰でも分かってることなので、なろう系の「神の力で主人公がチート」というのとは方向性が違う。なろう系の、安易な主人公設定が批判されるのは、何の取柄もないサラリーマンや学生が事故で死亡。「おっとっと、君は手違いで死んでしまった。チート能力を授けて転生させるから、それで許してくれ。ついでに女の子にモテモテになるようにしておいた。」というお約束設定が「主人公だけに許されてる」という、ご都合主義の話。ガンダムのミノフスキー粒子は、主人公だけでなく敵にも味方にも作用する。主人公だけが「ミノフスキー粒子をバラまくぜ!これで俺に誘導兵器は通じない!」という能力ではない。面白ければ設定なんて気にしませんよ。エバンゲリオンなんて複雑な設定なのに人気があります。あれがなろう系ならだれも見ないと思いますよ。ただ安直に、主人公普通の高校生で、異世界に来たら強くてモテモテと、現実逃避も良いところの話しが多いので、粗が目立つのでは?主人公の物理的な強さが、主人公の精神的な強さや性格と上手くバランスを取れてない場合があるからとかでは無いでしょうか?例えば、主人公の前世の死因が自殺=苦難からの逃避を選択したの場合、転生したからと言って、苦難に正面から立ち向かえるかは疑問符が付きます自我や記憶を引き継いでる場合は特に。まあ、後は単純になろう系のテンプレが好みじゃ無いとか、主人公が最初から強いストーリーよりも、最初は弱い主人公が少しずつ成長していくストーリーが好みだとか、読者個々人の好みの問題もあるでしょうが。まず批判される理由が違ってません?批判されるのは、強い魔法ボーン→うわー被害がー→俺なんかやった?的な流れを延々と繰り返すのに強いって評価だからじゃないんですか?強さって扱い方を間違えてる限りただの暴力なので。ガンダムのミノフスキー粒子万能説は比較対象として間違ってるでしょう。確かにミノフスキー粒子は万能ですけども、理論的に説明できるわけですし自分で言ってるように設定がちゃんとしてるんですよ。それに対してなろうは、その嘘で作り込む段階にすら来てないんですよ。説明できない。だからミノフスキーは許されてなろうの神は許されないんだと思います。ご自身の、別の質問に対する7/4付BAに尽きると思います。要するに面白いかつまらないか。「理由が納得出来ないからつまらない」と言っている人がいたとしても、そのココロは「つまらないから理由に納得出来ない」なのだと私は考えます。うんざりするほど粗製濫造されてしまったため、いまや異世界転生モノであることそのものが批判の理由になります。神様のおかげ云々は要素の一つに過ぎません。ガンダムの設定の大半が後付けなのは今更言うまでもないでしょう。ファーストにはリアルとは言い難い部分も、単に雑なだけの部分だって沢山ありますが、否定するよりは触れずに済ませる人が多いです。でもそれでは納得出来ない人もいて、粗いけど面白い作品を説得力あるものにするため、設定を作り込んだんでしょうね。それが納得できないというのはどういう事でしょうか?逆にどの程度の説明を読者は求めてるんでしょう?面白い話であれば雑な説明でも、いや説明なんかなくても気にせず楽しむ人は多いでしょうし、つまらなければ、理由付けだけどんなにオリジナリティーに溢れていても、納得しない人は納得しないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です